blog_title7.jpg
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/11/20

観葉植物のはなし。

お久しぶりです。
皆さん元気にしていましたか?? もうROを離れて数年。このブログも大分廃れてきましたね(笑

ほぼ一年振りの更新です。ROはしていないので、考察ブログではありません。あしからず。

パソコン回り

家を建てました。
パソコンを起動する機会が減りましたね。独身の頃はず~~とPCの前に座り続けていましたが(笑
今ではipodの更新ぐらいでしか使いません。
青春を捧げた相棒なので、使わなくても傍に置いておきたい。きっとそんな心情なのです。

右上のは神棚。鹿島神宮とか息栖神社のお札があります。近くの観葉植物は榊(さかき)の代わり(笑
ニコニコ動画を見なくなってから、i padも、boseのスピーカーも、使用頻度はめっきり減りました。
i padの前にあるのは、大好きなJill-Decoy Association のアルバムです。今度、鎌倉でライブがあるので行きたいなぁ~なんて。。

gazou_04.jpg

 さて、「観葉植物」について語ろうと思います。
面白いですよね、観葉植物。数えたら14鉢ありました。
テレビの横の観葉植物コーナーです。いろいろ並べて気づきましたが、密集して置くことが大事です。
植物だって生き物なんだから、寂しがるんじゃないかと思って(笑 あとは自分がよく愛でられる場所に置くこと!!

gazou_03.jpg

梁と梁に太めのロープを結んで、ちょっとした物干しスペースを作りました。
ロープの結び方がさ…自殺のアレみたいだよね(笑 
椅子に乗って、ロープを結んでる私を見た嫁が、「おいおい、笑えねーよ」とかなんとか言ってました。

DSC_0066.jpg

ちょっと色が変わったアイビー。面白くロープに絡んでいってくれるといいのですが…。
水やりが大変なんだよね…。

DSC_0065.jpg

名前なにか分からないツル系の植物。下のヤツは若干希少っぽい。蔦屋家電で手に入れました。

gazou_02.jpg

サンスベリア。これは大きな鉢で密集させて植えるとカッコよくなります。

gazou_01.jpg

左がクリスマスによくあるやつ。今の時期たくさん見かけますよね。
右がゴムの木。

観葉植物の育て方でも書いておきましょう。
私もいろいろ勉強しました。


① 買った直後は水をあげない。

「マツコの知らない世界」ってテレビで紹介されていました方法です。
観葉植物も生き物です。突然生育環境が変わると、ストレスで一気に弱ってしまいます。
個体差はありますが、「もうだめだ・・・、自殺しようか・・・。」のような状況らしいです。

そのため、水を吸わなくなるみたいです。
だから、絶対に水をあげてはいけません根腐れの原因になります。
3日~1週間水を控えましょう。

時間が経つと、「この環境なら生きていけるんじゃ・・・!?もっと生きたい!」みたいな状況になるらしく、
水を欲しがるような状態になるとか。そこで水をあげるわけです。テレビにでていた名人は、
葉っぱがちょっと萎えるまで待っていました。テレビでは1週間程のようなこと言ってましたが、
あれは2週間は放置してるような枯れ具合でしたね…。名人だからこそタイミングが見極められるわけです。

過去に、サンスベリアの< シルバークイーン >という品種を購入したあと、10日間粘って水をあげないようにしてみました。
葉っぱに縦ジワが入り、しわしわになってきたので怖くなって水をあげると、すぐに元気になりました。ただ、一つの葉っぱだけは元に戻ることはなく、そのまま剪定対象に。今では元気にスクスク育っています。

② 鉢の大きさは買った時のポッドより、ちょい一回り大きいぐらいでいい。
 大きくなるだろうから、鉢は大きいほうがいい!って思うんですよ。
あれは根腐れの原因になります。鉢内の水分を植物が吸いきれないんですよね。
ずーーっと鉢内が湿った状態になると、植物が枯れる最たる要因である、「根腐れ」に陥ります。
水が出ていくルートは、、
①根から吸収。葉から出ていくルート。
②鉢の地表から発散していくルート。
③鉢底から流れ出るルート。
上記の経路が考えられるわけです。カッコいいからといって、ウッドチップの敷き過ぎは蒸れるためダメ。
葉っぱの剪定のしすぎも、水が出ていくルートが減るためダメ。鉢底には鉢底石を敷いて、鉢内に空気が存在する状況を。それと水捌けを良くしてあげましょう。下にも書きますが、水やりの目的として、鉢内の空気を入れ替えることが最も重要。空気は大事なのです。

土に関しては、「観葉植物の土」が無難です。
鉢底 : 鉢底石を鉢全体の2割が埋まるぐらいまで。
鉢内: 観葉植物の土。
鉢の地表:3cm~5cm程の高さで、ハイドロカルチャーのコーン。小バエの産卵の抑止になり、発生を防止します。

どうしても使いたい鉢があるなら、寄せ植えしましょう。似たような生育環境を好む植物で固めることが大事。
例:ポトス + アイビー + ゴムの木 とか。
みんな根が強く。水を欲しがり、明るい間接光を好みます。
寄せ植えに向かなそうだなぁ・・・。って思うのが、サンスベリアです。育てやすいけど、結構極端なところがあるので。
あと、多肉系+ポトスとか、絶対ダメだからね(笑


③ 水やりは1週間に1度。鉢内を環境をリフレッシュしよう。

 水やりは、大雑把にいくと オールシーズン1週間に1度で大丈夫。
観葉植物への水やりは、「根っこに水をあげよう」っていうイメージよりも、、

「鉢内の環境をリフレッシュ」させるって考えましょう。

----------------
鉢内環境の理想として。

水やり
 ↓
1日目 < 湿潤状態 >:根がガンガン水を吸う。ポトスなんかだと葉っぱから水滴が出ちゃうぐらい。
 ↓
4日目 < やや乾燥状態 >:ここから根っこが水分を求めて育つ段階へ。
 ↓
6日目 < ほぼ乾燥状態 >:この瞬間が大事。湿潤と乾燥のメリハリをつける
 ↓
7日目で水やり。
----------------

水をジャブジャブかけるわけです。葉っぱ、幹、鉢内。もう全部に。
ジョウロがあると、地表のハイドロコーンがあふれなくて便利。

悪いパターンが、頻度高く、ちょこちょこ与えること。
乾燥状態は観葉植物にとって良くないって思うからでしょうが、「乾燥状態が根っこを育てます。」 我慢しましょう。

観葉植物を枯らす原因は、皆さんの愛情なわけです。(笑

植え替えとかしたときに、これ根が弱いままだなぁ・・・って時は、水のやり過ぎを疑いましょう。強い根が強い植物を育てる。
そういう場合は、2週間に1度とか調整が必要です。

超乾燥状態の状態で水をあげると、「プチプチプチプチ~~」って音が聞こえます。
まるで五臓六腑に染み込んでいくような、そんな素敵な音が聞こえます。もしかすると、これが理想なのかなぁ・・・。
まだ分かりません。これは実験中です。(笑


④ ハイポネックスのプロミックを置け!

 置くタイプの肥料です。水をたっぷりあげることで、肥料が土へ染み込んでいきます。
2ヶ月に1回更新しましょう。液肥みたいに毎回薄めるよりも楽チンですし、値段も500円とまぁまぁ安い。

観葉植物に手を出した初期の頃の話です。ゴムの木購入から約1年間。ほんと、まったく伸びないんですよ。水やり方法や置き場所などいろいろ試行錯誤しましたが全然ダメでした。 肥料不足を疑い、プロミック置いてみると3日で新しい葉が出たんです。まじで驚きました。それからというものプロミック信者です。ありがとうプロミック。


⑤ 置き場所は、直射日光のあたらない日向だ!

 そのまんまです。窓の真横とか状況によっては地獄。結局、人間が好みそうな場所が、植物にとっても良いスペース。
同じ生き物なんだなーって。空気が循環しない場所もダメらしい。
 逆に、直射日光を欲しがる植物おりまして、少々マニアックですが、パオパブの木なんかが該当します。会社の先輩が持ってましたね…。私も欲しいよパオパブ。売ってたけど5万円しました。幹の太さと値段からして、20年ものクラス。そりゃ高いわ(笑

⑥ 少し高い場所に鉢を置こう!

 鉢を床に置くのは極力控えましょう。冷たい空気は足元に溜まりやすく。暖かい空気は天井に溜まりやすい。

私の部屋だと11月下旬の早朝で、足元の室温が10℃、植物を置いている高さ50cm~1m付近の高さは14℃あります。こんなに寒暖差ってあるものなんですねー。植物に適した温度は大体15℃以上。5℃以下で弱っていきます。少しでも高さをあげて、温度に気を使ってあげてください。

↓のコメントでもありましたが、足元はホコリが舞いやすく、植物的も可哀想。

エアコンの風があたる場所はダメ。これも、マツコの~で紹介されていましたね(笑)。 エアコンの風は、葉っぱから水分をガンガン奪うんです。エアコンの風は気持ちいいけど、ある程度行過ぎると嫌ですよね。事務員さんなら理解できるはず。足元に毛布掛けちゃう人だっているぐらいなんですからね。それぐらい、エアコンの効いた室内の足元ってのは過酷な環境なんです。

⑦ 可愛がる。

 これが一番大事なのか(笑
言い方を少し変えると、「関心を持つ」。仕事や人間関係、趣味でもなんでもそうです。関心をもつことが大切なんだと思います。ゲームでも観葉植物でも、関心を持って接する。そのものの対象を知ろうとする。そうすると世界観が変わってきますね。話の引き出しも増える。話が上手い人や尊敬する人は、大抵何かに対して強い関心がある人なのです。何に対しても無関心な人には魅力を感じない。そういうものです。皆さんも自分の好きなことを語れる。素敵な大人を目指しましょう。

<まとめ>

① 植物を買ったら1週間は水をあげない。
② 鉢の大きさは、買った時のポットより一回り大きいものを選ぶ。大きすぎると根腐れの原因になる。
③ 水やりは1週間に1回。水をじゃぶじゃぶあげて、鉢内の空気・環境を完全に入れ替える。
④ 乾燥状態は根を育てる。水をあげない愛情も大事。鉢内の湿潤、乾燥のメリハリをしっかりつけて管理。
⑤ ハイポネックスのプロミックを置く。2ヶ月に1回新しいものに交換する。
⑥ 置き場所について
   ・ 直射日光の当たらない日向。
   ・ 床に直置きしない。少し高い場所に置く。
   ・ クーラーの風が当たらない場所。
   ・ テレビやパソコンの横はダメ。
   ・ 空気の循環がある場所。
⑦ 観葉植物に関心をもつこと。

以上を守って、観葉植物を愛でるべし!!

 なんだか、植物ってスイッチがあるんですよね。マツコの~の名人も言っていましたが、スイッチが入る瞬間がある。いったんONになると、いっきに育っていくわけなんですけど、それを模索するのが観葉植物の醍醐味なのかもしれません。今、ウンベラータのスイッチがはいったっぽくて、一気に葉が増えてて面白いです。

 本を読んだり、人から聞いたりして知った情報をどんどん追記していってます。「こうすると育つよ!」みたいなのあったら教えてくださいね! 

スポンサーサイト
日記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
お久しぶりです。(2回連続2回目
半年振りくらいに覗いてみたら更新されていて、ちょっとびっくりです。

観葉植物、始められましたか。。。
いいですよね。気持ちが和むというか、落ち着くというか。それにしても14鉢とは、緑盛り沢山ですね。
構いすぎて根腐れさせちゃうのは、鉢物あるあるですかねw
ご存知の事かもしれませんが、意外と地味に埃が溜まりやすいのでご注意を。


では、また。
お久しぶりです。
お久しぶりです。
前回コメント返してなかったんだ。。ごめんね。

youさんは観葉植物置いてますか??
埃はあんまり考えてなかったなー。毎週外だしてジャブジャブ水かけてるから、きっと大丈夫??笑
サボテンとかやってないけど、あれらは埃の処理は大変そう。拭けないしなぁ。。水やりの頻度とかも。。

ウンベラータオススメです。ぜひ買ってください。育成スイッチ入ると最高にかわいいです笑


管理者のみに表示

ROサイトマスコット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。