blog_title7.jpg
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/12/26

HONDA フィットのデッドニングとカースピーカー交換


スピーカーとかイヤホンが大好きな私(*´∀`*)b

 はじめに

 この手の話題って、かなりの物好きじゃないと…って思いますが、あえて書いていこうと思います(笑

 高校生時代は Bang & Olufsen の A8 を愛用し、大学時代は Etymotic Research の ER-6i×2、社会人になってからは、Ultimate Ears の triple Fi-10 PRO を使ってきました。A8以外は全部もう売ってないみたいですね(;´Д`) 働くようになってからは、ほとんどイヤホンを使うことがなくなってしまいました。 Fi-10 は2~3年経って断線。リケーブルしたいんですけど、null Audio の lune の値段が高くて悩んでいます。リケーブルするぐらいなら、ER-4sを買ったほうがいいのでは…?なんて思っていたりもします。

 電車通勤じゃなくなり、「音楽を聴く」ことに疎遠になってしまい…、いつしか家で聴くスタイルが定着していました。そこで購入したのが、sony の BTX500です。音質がとても良くて一目惚れしちゃいました。枕元にipadとBTX500を設置して、寝ながら海外ドラマみたりニコニコ動画を見たりすることが個人的大流行に。

 自車通勤になってから カースピーカーで音楽を聴くも、音質が残念だったため断念。ラジオでnack5を聴く日々へ。そう、ラジオに高音質は不要!内容さえ面白ければいいのだ!!ってずっと思っていました。GOGOMONZの横田かおりさんの「ありがとう♪」に癒されつつ、ラジオ大好き時代へ突入。

 車の改造?みたいなものに無頓着な私。カースピーカーを変えるなんて無理だし音質改善の効果がどこまで期待できるかわかったもんじゃない。でも車内の音響をどうにか変えたい!ってずっと思っていました。そこで買ったのが、BOSE の sound link mini でした。いささか解像度を犠牲にした重低音と、その小ささが気に入ったのが理由です。それからは、このスピーカーを車載して音楽を聴くようになりました。

 しかし、boseスピーカーには弱点がありました。それは 「音に包まれている感じがしない」 ことです。小さい本体から放射される鋭い重低音は、腹を刺すようなイメージ。しかしこれは、スピーカーを置く位置を変えることでかなり改善しました。それでもまだ、包まれている感じはしない…。

 結局、カースピーカーを交換してみることに(笑 とりあえず、予算は1万円と決めました。

 さぁ、ここからが本編です(笑

HONDA フィットのデッドニングとカースピーカー交換

< 購入したもの >
・ カースピーカー ALPINE の STE-G170C 6000円(オートバックスで購入)
エーモン 2441 ボーカルはっきりキット 2200円(Amazonで購入)
・ アルミテープ10m (薄いタイプ) 400円(カインズホームで購入)
・ アルミテープ10m (厚いタイプ) 900円(同上)
・ パーツクリーナー 198円(同上)
-------------- 合計 9700円 --------------

< 家にあったから買わなかったもの >
・ ニッパー(大&小)
・ ペンチ
・ カッター
・ 大きめのマイナスドライバー(内張りを剥がすのに使用)
・ プラスドライバー
・ ウエス4枚(汚いタオルで代用可能)
・ ヘラ(接着樹脂?を剥がすのに使用)
・ 作業用手袋

父さんがたくさん工具を持っていた為、工具費用はほぼゼロで済みました。

まずは、内張りを剥がします。
こちらのサイトを参照!
私は↑のサイトを参考にしました。ここって勇気がいるんですよね(笑 思い切ってやりましょう!!

pic_01.jpg

ビニールを剥がします。ここで気づくのが、本体とビニールを接着しているギトギトの樹脂。
小一時間かけてこれを削ぎ落としていきます。
ここではプラスチック製のヘラを使いましょう。
ある程度とれたら、、
パーツクリーナーを噴射ウエス(タオル)で拭き取る を繰り返し、磨いていきます。

pic_02.jpg

樹脂が全部取れたら、穴を塞いでいきます
 ( こだわる人は、穴の中に吸音スポンジをいれてください。ドアガラス収納時に接触しない程度にね! )
穴はアルミテープで塞いでいきます。
私は、薄いアルミテープを貼ったあと、分厚いアルミテープを貼りました。
注意点として、内張りの穴や、ドアハンドルの穴まで塞がないことです。

デッドニングのやり方は、ピンからキリまで様々あるようです。私のように穴だけ塞ぐ人もいれば、セメントを流す音響マニアもいるとか(笑 あと、デッドニングで得られる効果は…、うーん微妙かもしれません(;´Д`)!! ハッキリとした効果を得たいなら、ガッチリこだわってやらないとダメでしょうね。

pic_03.jpg

ここが初心者殺しです。私も作業中断して絶望しました。
内張りにデッパリがあるんですけど、これを切断しなければなりません。

運転席側は、カッターナイフ&ニッパー(大)で小一時間かけて無理やり切り取りました。作業中素手でやっていたため、傷を負うことに…。 助手席側は、会社の係長に頼んで一緒に切り取ってもらいました(笑 ノコギリで切ったら10分とかからず作業終了。(そのあと、何故かラーメンも奢ってもらうという…(笑) ) 

人によっては、この作業が最難関だと思います。

pic_04.jpg

デッドニングはおわり。 これからはスピーカーの交換をやっていきます。

まずは上側のネジを取り外します。
マイナスドライバーを使い、テコの原理でスピーカーを無理やり外しましょう。

pic_05.jpg

純正スピーカーを取り外したら、内側に吸音スポンジを貼り付けます。

スピーカー付属のバッフルを取り付けましょう。ネジとかワッシャーを内側に落とさないようにね!

pic_06.jpg

スピーカーとつながっていた配線を、配線コネクターで分岐させる。
私は純正コネクターを、両ドア共に誤って切断。あれって分岐させてるだけだから切断しなくてよかったんだよね・・・。

初心者には難しい作業です。やってることは凄く単純なことなんですけどね(笑
+側と-側の配線に注意して下さいね。詳しくは付属のマニュアルに書いてあるはずです。

pic_07.jpg

カースピーカーの内側に隙間テープをぐるっと一周貼りましょう。
そのあと、カースピーカーをバッフルに固定。
ネジをしっかり締めたら、スピーカーの外側にもぐるっと隙間テープを貼り付けます。

pic_08.jpg

制振テープをスピーカー周りに貼り付けます。これは適当です(笑

最後に内張りを取り付けて作業終了!!

作業時間ですが、大体 片ドア4~5時間はかかります。助手席側は3~4時間ぐらいでした。一回やると、効率的に作業を進められるようになるため、時間も労力も少なく済みます。


まとめ

 音は…、大感動です(*´∀`*)b
このカースピーカーは、高音・中音がしっかり出ます。低音は弱め。だからこそ、音の解像度がはっきりと、明瞭に感じ取れるようになります。今回は初心者だったこともあり、コアキシャルを取り付けましたが、セパレート(ツィーター分離タイプ)を付ければもっと良かったはずです。
 私のカーナビ(カーステレオ一体型?)は、イコライザーがクソです。しかし、sony の エクスペリアからAUX経由で音を出力しているので、「ClearAudio+」機能(sony特有のイコライザ設定)が使えます。これがまた、凄いんですよね。ソニーのMP3プレイヤーが売れる理由はこれにあります。流行につられて、sonyのウォークマンから、ipod に買い変えた人が陥る、「あれ?音が軽くない…?」現象は、このsonyのスーパーイコライザーが原因なのです。私もipod持ってますが、エクスペリアの方がいい音出しますよ(*´∀`*)b
 さて、Amazonでステレオミニプラグの分配器を買いました。今度は、カースピーカーとBOSE の sound link mini を同時に鳴らしてみようと思います。これでかなり重低音がブーストされるはずです。

そうそう、スピーカーの音っていうのは感じ方が人それぞれなので、私の評価が絶対とは限りませんからね(;´Д`)

以上!!またね!!
スポンサーサイト
日記 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
グレードによっては前にしかスピーカーが無いので
後部座席側にも付けるともっと幸せにに・・・
初代海苔
返信おくれてすいませんm(__)m

あれから海苔の助言を得て、後部座席側にスピーカー取付ました。いや、もうホント海苔さんのコメント読んだ2日後にはもうオートバックスでカースピーカー購入してましたからね(笑

車乗ってて、後ろから音が聞こえるって素晴らしいです。サラウンド感?が増していいですよね!

その一週間後、サブウーファーも取り付けました。ちょっとは迫力でたかな~…ぐらいのものですが、結構満足しています。

助言ありがとうね(*´∀`*)b

以上、コメ返しでした。またね!!
No title
アルミテープ…水漏れが心配。
アウターパネル内は外と同じぐらい濡れますよ。
漏水テストは必ずしたほうがいいです。
お返事!
> アルミテープ…水漏れが心配。
> アウターパネル内は外と同じぐらい濡れますよ。
> 漏水テストは必ずしたほうがいいです。

しませんでしたねー…。漏水テスト。
ドアの下付近に、穴が開いててそっから水が出るから大丈夫だっておもっていましたが、実際どうなんでしょうね! アルミテープは最薄のものと、厚いもの2つを用意して、2重にキッチリ貼っているのできっと大丈夫なはず。かな?

あれから、リアドアもデッドニングしました。そのときは防振・吸音シートを使いましたよ!だからそっちは大丈夫かな!リアドアにも、フロントドアと同じスピーカーをつけました。アルパインの6000円のやつです。
そんでもって、今は運転席下にサブウーファーも設置。ズンドコズンドコ音鳴って面白いですよ(*´∀`)b


管理者のみに表示

ROサイトマスコット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。