blog_title7.jpg
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/10/12

[武器考察] +9茨の杖 と +10SOP 改訂版

[武器考察] +9茨の杖 と +10SOP 【改訂版】


◇ 略称について

+9茨の杖 : +9茨
+10スタッフオブピアーシング : +10SOP
本考察文は、上記のように略称を使わせて頂きます。

 また、「茨の杖」は「スカルキャップ」と同時に装備している状況であることと、
「スタッフオブピアーシング」は「マジカルブースター」と同時に装備している状況であることを想定して考察しているので、武器単体での使用は考えていません。


◇ はじめに

 「ME 考察」とGoogleで検索すると、この考察がトップに出るようになりましたΣ(´∀`;)
思った以上に需要があるようなので、もう少し書き足します。浅はかな部分を修正して、もっと読み応えのある考察文にしていこうと思います。この文章をまとめたのはおよそ2ヶ月前。それは+10SOPを購入して1週間ぐらい後のことでした。+10SOP&+9茨の杖の使用感について、より成熟したものを書けるはずです。
 これからの時代を生き抜くためには、今後のアップデートへの備えが必須となります。「RR化」や「茨のヘアバンド」、「SOPの増産による+10SOP 低価格化」などを見据えての考察もしていこうと考えています。
 考察ブログを開設して3ヶ月が経ちました。これからも皆様が何かに挑戦するときの キッカケや道標、熟考の足しになれるよう 頑張って書いていこうと思います(*´∀`)b


◇ 高威力 と 高い汎用性

 今回紹介する「+9茨」「+10SOP」は 高い魔法攻撃力高い汎用性を兼ね揃えており、どんなプレイスタイルにおいても十二分に力を発揮する杖です。武器考察でも述べましたが「好きなキャラには強い武器を持たせてあげたい」と想う気持ちは 全般的なプレイヤーがキャラクターへ抱く 普遍的な「愛情」なのだと私は思います。
 これから紹介する杖は、あなたにとって最終的な装備 又は最後の通過点になるであろうものです。しっかりと各々の特性を見極めて自分のプレイスタイルにあったものを選んであげて下さい。


【+9茨の杖】

 Matk 160 (精錬値+9 : Matk7*9=63追加のため Matk223 になる。)
 INT+3 DEX+3
 魔法防御力無視 9%
 ディレイカット 13%
 ★スカルキャップと合わせて装備したとき
 精錬値 +1 毎にMatk10増加 → Matk90追加のため 最終Matk313 になる。
 自鯖での価格:86Mz
【説明】
 茨のツタで覆われた杖。呪術的な意味合いを強く含んでいる。

【解説】

◇ 概要 
 エンドレスタワー高層階に出現する強力なボスモンスター>「エントヴァイエン」が落とす杖。現在は「らぐくじ」の影響で多く産出されているようです。あまりにも多く出回ったせいでレアリティは低くなりましたが、武器Lv4であるために高精錬のものは依然として高価値を留めています。強力な追加オプションがあるため、支援型やME型、職を問わず優秀な杖であるといわれています。パッケージアイテムである「スカルキャップ」や「茨のヘアバンド」と併用することにより高Matkが得られることから、運営から愛されている装備だとも言えます。そういった装備の場合、あまりに強力な完全上位互換装備が出現しないというメリットがあります。Matkに関してはマジカルブースターの出現によりお株を奪われるカタチになってしまいましたが、強力なディレイカットの追加オプションがあるため現在でも「強い杖」として分類されているようです。

◇ 高Matk
 MEの威力を一気に上げるためには2つの方法があります。まず1つ目は、スピリチュアルリングとクリップ・ロザリーを併用することによる「MEダメージ+30%上昇効果」を使うこと。2つ目は、「高Matkが得られる杖を使うこと」です。基本的には、1つ目は優秀過ぎるためほぼ固定です。反対に「代替装備がない」とも言えます。そのためMEの威力で人と差をつけるためには、より高いMatkの杖を装備するかで決まります。そこで1つの選択肢として「過剰製錬した茨の杖」が出てくるわけです。
 スカルキャップ・茨のヘアバンドと併用することにより製錬値+1毎にMatk+10が追加されることと、武器Lv4のため製錬値+1毎にMatk+7追加されるため、合計で製錬値+1毎に+17追加されます。パッケージ装備との併用により高いMatkを得られるわけですが・・・、装備の自由がなくなったのが残念です。

◇ ディレイカット
 ディレイカット効果は、製錬値+1毎に1.5%追加されていきます。小数点以下は切り捨てられるので製錬値は偶数の方が効率は良いです。MEのディレイは4秒と長いため、0.5秒短縮されるだけでも効果を実感できると思います。ME展開後に早く動ける利点は、MEプリをやっていれば自ずと理解できるはずです。ディレイカットに関してはヒールスクロールを用いた完全カット方法が存在するため、緊急時にのみディレイを消したいというプレイヤーならばそこまで必要性はないのかもしれません。しかし常にディレイが短いので操作性が良く、高製錬茨の杖から他の杖に装備を換装した人は、最初のうちはディレイの長さに戸惑うかもしれません。私も+10SOPを実戦投入した直後はディレイの長さが気になっていました。しかし、緊急時にはヒールスクロールを使うと割り切ってしまえば、正直なところディレイの長さはどうでもよくなってしまいます。

◇ 使用感について
 一番大事な使用感についてです。私は、+7DX⇒+7茨⇒+9茨⇒+10SOP の順に使っていましたが、やはり強さを実感したのは+7茨の杖、+10SOPでした。+9茨の杖では確殺が変わらないのが原因だと思います。ダメージの見た目は明らかに変わりますが、確殺が変わらなければ意味はないのです。茨の杖の相場は大体、【+7:10Mz】【+8:30Mz】【+9:85Mz】ぐらいだと思われます。+7DXや+7特化ホリステのダメージに飽きた人は+7茨の杖を買うとダメージが一段階上がるのでオススメです。+7茨の杖から更にダメージを上げたい人はINT120⇒144に上げたり、+10SOPを買うと良いと思います。茨の杖で価格と強さを考えた場合、+7が最も費用対効果が大きいと思います。買うならぜひ+7茨をオススメします。天仙娘々へのダメージ比較に関してはpart1にて考察しているので、ぜひご覧になってくださいね!!
 
◇ 支援での使い方
 前述まではMEプリとしての使用感です。これからは支援プレイの時における茨の杖のメリットについて説明していきます。「ブラギの詩」があるPTの場合は+10SOPの方が有利です。理由としては詠唱時間-10%の追加オプションの方が便利だからです。茨の杖のディレイカット効果を使用して完全ディレイカットを目指すのもアリですが、結局はモーションディレイの方が邪魔をしてしまうため、ほとんど無意味になってしまいます。そのため下手にディレイをカットするよりも詠唱時間の方を短くした方が効果があります。
 「ブラギの詩」がない狩りの場合は、茨の杖の方に軍配が上がります。レックスエーテルナなどを多用する狩りの場合には必ずディレイカット装備の方がいいです。ペアなど少人数狩りになればなるほど、ディレイカット装備で固めた方が有利になるでしょう。あとはキャラクターを動かしてみてしっくりくるまで詠唱カット・ディレイカットの割合を自分なりに試行錯誤していってください。きっと最良の装備の組み合わせがあるはずです。

◇ 今後に向けての考察
 さて、RR化後の話を少しだけしていきます。RR化後は武器Lv4の特徴である「最大・最低ダメージの振れ幅が大きい」という点が、DEX値を多く上げることにより緩和されるそうです。振れ幅が小さくなることで、最小Matkは増加しますが、最大Matkは減少するようです。ダメージがめちゃくちゃバラつくMEにとっては多分上方修正となります。(確殺を最低Matkで考えなければならないため)しかし、リコグにより最大Matkで常に戦っていたウォーロックたちにとっては、酷い下方修正となってしまいました。
 パッケージ装備「茨のヘアバンド」の実装が決定しました。茨のヘアバンドには茨の杖と併用することで製錬値+1毎にMatk+10されるスカルキャップと同様のMatkブースト効果が備わっているため、茨の杖の地位が下がることはないと思われます。しかし威力を求めるならば、「茨のヘアバンド」「マジカルブースター」「+10SOP」の組み合わせが最強なのは言うまでもありません。茨のヘアバンドが実装されるからといって、茨の杖の相場が上がることはないので安心しましょう。(多分ね!)


【+10スタッフオブピア―シング】

Matk 145 (精錬値+10 : Matk5*10=50追加のため Matk195 になる。)
INT+4
魔法防御力無視 20%
★マジカルブースターと合わせて装備したとき
精錬値 +1 毎にMatk15増加 → Matk150追加のため Matk345 になる。
精錬値+10のときMatk+50増加 → Matk50追加のため 最終Matk395 になる。
自鯖での価格:90~100Mz

【説明】
特定の波動を放つ宝石が付けられているスタッフ。
この宝石の波動には、相手の魔法防御力の一部を無効にする効果がある。

【解説】

◇ 概要
 マジカルブースター実装により再び脚光を浴びることとなった片手杖。+10まで過剰製錬することにより茨の杖の破壊力をはるかに上回る火力を手に入れることとなりました。武器Lv3という一見デメリットな部分も、最低ダメージの底上げという点で有利に働きます。リコグが使えないウォーロック以外の魔法職への救済措置とも言われており、最低・最高ダメージの振れ幅が小さいため安定した高火力が望めます。
 SOPは需要に見合った供給量をもっているため、+10の最大精錬値にも関わらず露天でポツポツ見かけることができます。+7茨の杖あたりからの換装を狙っている人には値段の高い武器かもしれませんが、一度手に入れると手放せなくなる強力な装備です。ぜひ手に入れることをオススメします。
 「+10SOP&マジカルブースター」の組み合わせは、現行仕様・RR仕様において「強い杖」です。+10S2SOPという更に上の装備もありますが現実的ではありません。稀に400M程で取引されているような話を聞きます。もし手元にあったら挿すカードに悩みそうですね…。


◇ 高Matk
 武器Lv3のため 精錬+1毎にMatk+5追加。マジカルブースターを併用したとき精錬値+1毎にMatk+15が追加されるため、トータルして精錬値+1毎にMatk+20追加されることになります。しかも精錬値10の最大値に達した時に更にMatk+50追加のボーナスがあるため、武器Lv4である茨の杖を凌駕する高Matkをもちます。+10SOPにした時の武器Matkは395になるため、現状最強の片手杖として君臨しています。
 +10SOPではない、+9以下のSOPに関しては買う意味はほぼ無いと言えます。なぜなら+9以下のSOPを選ぶならば+7茨の杖の方が総合的に優秀だし安いからです。よく+9SOPが30Mzぐらいで売られていますが、あれは精錬ギャンブル用だと思っていいでしょう。SOPの利点として上段頭装備をスカルキャップ以外の装備にできるという点があります。どうしても「この頭装備じゃなきゃ嫌!」っていうこだわりのある人は+9SOPを妥協して使うのもアリだと思います。
 INT144 +10SOP という条件が揃うと天仙娘々ME2set確殺になります。最低ダメージ10,000以上だせるとMEABとして極まった気になりますね(笑


◇ 詠唱時間-10%
 +10SOPにしたときにのみ得られる、詠唱時間-10%の強力な追加オプションを忘れてはいけません。無詠唱を目指すならば、ほぼ必要不可欠。高Matkで買う人よりも、この詠唱-10%が欲しくて買う人の方が多いのが現状です。更にスプリントセットや+7カトリバルーンを揃えれば無詠唱に到達することができます。(もちろんブラギありですが)MEABをやってて+10SOPを手に入れた人は、次に無詠唱セットを揃えてみるのも面白いでしょう。
 この詠唱-10%。MEでの利点はほぼ無いです。なぜならホーリーステッキ持ち替えで安く簡単に詠唱-25%ができるからです。詠唱時間はホーリーステッキで短縮。ディレイはヒールスクロールで完全カット。こう考えると杖の詠唱・ディレイカットオプションはいらない気がしてきます。


◇ 使用感について
 INT144 +10SOP で展開するMEはかなり強いです。最低ダメージが10,000を超えるので確殺set数がほとんどの場合で1set減ります。敵を早く倒せるようになるためExp効率は上昇し、ME詠唱後の生存率も必然的に上がります。+9茨の杖も所持していますが、+10SOPを購入してからは滅多に使うことはなくなってしまいました。現在では、支援でもMEソロでも+10SOPの方を使っています。
 茨の杖からSOPへ換装すると、頭装備[上段]をスカルキャップ以外の装備に変えることができます。防御重視ならばアミストルキャップ。詠唱短縮ならばマジックアイズなど、自キャラの型・特色に合わせて頭装備を付け替えることができるようになり、装備がかなり自由になります。
 まとめると、MEでも支援でも優秀な働きをしてくる杖ってことです。汎用性が群を抜いており、+10SOPを1本持っておけばあらゆる場面で活躍してうれるので、他の杖が空気になってしまう可能性があります。用途によって杖を使い分けるのは当たり前ですが、私的な意見としては+10SOP以外の杖はいらない気がします。それだけ優秀な杖なので、購入を迷っている人は是非買ってください。めちゃくちゃオススメです。


◇ 支援での使い方
 +10SOPの詠唱時間―10%短縮効果は強力なため、ブラギの詩があるPTプレイ時は+10SOPを装備しておけば問題ないと思います。前述していますが、いくら茨の杖でディレイカットをしようともモーションディレイがあるため支援スピード(秒間の支援回数)に関しては変化がないためです。ブラギの詩に頼ったPTプレイが主な人は、ASPDを上げて支援スピードを徹底しましょう。ブラギの詩のない状況での支援が多い人は高DEXが有利なので従来のステータス構成が有利となります。武器に関しても過剰製錬した茨の杖の方が有利に感じるのかもしれません。まとめると、、

ブラギの詩あり ⇒ +10SOP 高Aspd・詠唱時間短縮装備 が有利。
ブラギの詩なし ⇒ +9茨の杖 高DEX・高ディレイカット装備 が有利

という感じになってきます。ブラギの詩の有無で装備やステータスが変わってくる点に注意しましょう。
ちなみに「ブラギの詩なし・ペア狩り」の修道院3F狩りなどは高AGIで索敵に差が出てくるので高DEXよりも高AGIのほうが恩恵があります。支援側が耐える役割を担う狩りの場合ほど高AGIが生きてくるので、高DEX・高VIT、初期AGIのような型は今時流行りません。ステータスの振り方はよく注意してください。


◇ 今後の向けての考察
 +9茨の「今後に向けての考察」に、ほとんど書きたい内容を書いてしまったので文章量としては少なくなると思います。RR化や茨のヘアバンドの実装が控えていますが、+10SOPの地位は変わらないと推測されます。これからのパッケージ装備や仕様変更による煽りは受けるとは思いますが、マジカルブースターが実装されて間もないのでしばらくは安泰といえます。
 

【最後の雑記】
+9茨と+10SOP の使用感をいろいろと考察してみました。長い文章になってしまったので読みづらいとは思いますが、全文を読み込めば互いの長所・短所や、使いどころが分かるように書いたつもりです。がんばって読んでみてください。しかし、この考察をまとめるのに何週間かけてるんだ私は…orz

以上、第一教区よりお送りいたしました!!


スポンサーサイト
+9茨 +10SOP 比較考察 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

ROサイトマスコット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。