blog_title7.jpg
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/09/13

[狩場情報] [PT] 名も無き島 修道院3F

[狩場情報] [PT] 名も無き島 修道院3F

◇ はじめに

 今回の考察はタイトルの通りPTプレイ編となります。今までは「MEでの攻撃的な動き方」「大人数PTでの支援の要としての動き方」を考察してきましたが、本編は「ペアにおける守備的な動き方」について書いていけたらと思います。アークビショップは多彩なプレイスタイルを持つ職だということを再認識させられますね(*´∀`)。
 強力な不死種族モンスターであるネクロマンサーが大量に巣食うこの修道院3Fでの狩りは、時に真夏の驟雨のように激しい展開になることが予想されます。装備はもちろんステータスやプレイヤースキルなども熟考して挑まなければ、すぐに追い返されるでしょう。様々な展開に対応できるように、装備・ステータス・テクニックを考察していきます。
 PT編成はウォーロック(以下:WL)とのペアとなります。戦う相手は違えど、大昔に流行した時計Dのハイオーク狩りと大きな差異はありません。基本は昔のスタイルを踏襲しているので懐かしさを覚える方も多いでしょう。守備・支援役のABが前を走って敵を集めて、攻撃役のWLによる大魔法で殲滅していくオーソドックスなスタイルで狩りは進行していきます。しかしネクロマンサーは一筋縄にはいきません。高レベルになればなるほどゴリ押しでどうにかなりますが、低レベルで挑戦する場合には本考察に出てくるテクニックを駆使する必要があるかもしれません。。
 現状 臨時広場が廃れているように感じられます。度重なる高効率イベントや拳聖によるお座り枠の増加。ソロ効率がPT効率を上回る現状。私的な観点ですが どんどんPT狩りが廃れて行っているように思えます。この考察を読んだ一人でも多くの方々が ウォーロックと共に修道院3Fを歩まれることを願っています。


◇ 第一教区推奨装備例

[武器] +9茨の杖(ディレイ13%カット)
[盾] ベアドールC 挿し +4ヴァルキリーシールド(不死耐性30%増加、不死・闇属性攻撃20%カット)
[頭] マジックアイズ(詠唱速度10%増加)
[頭_中段] 24式ボルト(不死種族耐性5%増加)
[鎧] バースリーc挿し オルレアンの制服(闇属性付与・詠唱妨害阻止)
[肩] レイドリックc 挿し 聖なるケープ(無属性耐性20%増加、不死種族耐性5%増加)
[靴] バリアントシューズ(HP・SP20%増加)
[アクセサリー] デュラハンアイ(不死種族耐性4%増加)
[アクセサリー] デュラハンアイ(不死種族耐性4%増加)

不死種族耐性 [合計]:48%

 nanashi_03_soubijpg.jpg

◇ 装備の考え方
 修道院3Fに生息している敵の8割は不死種族です。不死種族耐性のオプションが付いているカード・装備を揃えると少しは楽に狩ることができます。しかし装備の耐性だけで敵の攻撃の全てを凌ぐなんて考えは甘いです。複数のネクロマンサーを抱える際には、セイフティーウォールを何度も展開して防御に徹しなければならない場面が多いはずです。セイフティーウォールの耐久力を上げるためにも耐性装備を整えておけば問題ないと思います。
 上の装備例は一例に過ぎませんが、不死種族耐性に関しては高いほうだと言えます。より耐性を高めたい人は、頭装備をムナック帽子(不死種族耐性10%増加)にすると良いです。「愛しさの欠片」を持っているブルジョワな人は服をバースリーc差しディアボロスローブに換装することが可能になります。不死種族耐性を上げつつ、できる限り詠唱時間・ディレイをカットできる装備にすることで狩りに幾ばくかの余裕が生まれるかもしれません。
 ほとんどのプレイヤーはフェンc・愛しさの欠片・オルレアン制服に頼ることになります。複数のネクロマンサーに囲まれた状態でセイフティーウォールを詠唱することになるので、常に詠唱妨害を受けてしまう状態であると危険です。少しぐらい詠唱が遅くても問題ありません。絶対に装備しておいてください。


◇ 必要なスキル

□ セイフティーウォール Lv10 必須度★★★★
 防御の要となるスキル。これがないと自身もウォーロックも守ることが難しくなります。セイフティーウォールLv10を修得していれば、狩場の難易度がぐっと下がることでしょう。修得レベルは高レベルほど安定性が高まります。低レベルのセイフティーウォールは詠唱時間が長く耐久力が低いのでオススメはしません。複数のネクロマンサーに囲まれたときや、「致命的な傷」を負ったときに積極的に使用していきます。ブルージェムストーンを1個消費しますが白ポを連打するよりは安いのでケチるのは厳禁。もちろんウォーロックを守るためにも使用するのでいつでも放てるように意識して行動しましょう。
 セイフティーウォール使用時の注意点を1つ。このスキルはセル指定スキルであり防御領域が1セルとなっております。ROの珍現象の1つに「位置ズレ」というものがあります(サーバー上のキャラ座標と、表示されている画面の座標がズレてしまう現象)これがかなり厄介でセイフティーウォールにキャラクターが入っているにもかかわらずタコ殴りにされてしまうことがあります。そのときは、焦らずにキリエエレイソンを使用して座標位置に正しましょう。 コンセキャンセルの要領を応用したキリエ・キャンセルで抜ける手もありますが、ここではネクロマンサーが放つクァグマイヤのせいでちょっと難しいため無理はしないように。無理やり大袈裟な距離を移動してしまって敵との距離が離れてしまうとウォーロックに敵のタゲが移動してしまうのにも注意して下さい。その時は焦らずにセイフティーウォールを敷いてあげて下さい。

◆ キリエエレイソンからモーションキャンセルをして、瞬時にMHを切り抜ける方法

nanashi_03_kirie.jpg

 少しタイミングが難しいですが慣れておけばあらゆる場面で役に立つテクニックです。魔法力増強やコンセントレイションのモーションキャンセルを練習した人ならばすぐに慣れるでしょう。ただ、キリエ後のモーションキャンセルが成功した時の"引っ掛かり"が、コンセの時と比べて弱い気がします。気のせいでしょうか??


□ サクラメント Lv5 必要度★★★
 サクラメントは固定詠唱時間を50%カットすることができる超優秀スキルです。これを常時かけてあげることでウォーロックの殲滅時間がぐっと減るため、安定感がとても増します。クリムゾンロックの固定詠唱時間は1000ms(1秒)なので、これを500ms(0.5秒)短縮することが可能です。この0.5秒の短縮がどれだけウォーロックから好評を得ているかは分かりませんが、あると便利なスキルでしょう。


■ 常にかけておくべき支援魔法
・ブレッシング Lv10
・速度増加 Lv10
・キリエエレイソン Lv10
・サクラメント Lv5

■ いつでも使えるようにしておく支援魔法
・レックスエーテルナ(LA状態のネクロマンサーはクリムゾンロック1確のため)
・セイフティーウォール(多くの敵を抱えた時。ウォーロックにタゲが移ったときのため)
・ハイネスヒール(一回で大量のHPを回復できるのが魅力)
・リザレクション(できれば使いたくない)
・攻撃魔法【ヒール砲・HLなど】(ネクロマンサーのタゲを自身へ固定する)

■ いつでも使えるようにしておくアイテム
・ホワイトスリムポーション(緊急時には叩きながらウォーロックの保護を優先する)
・キュアフリー(ゾンビ化・出血・致命的な傷を治すため)
・巨大なハエの羽(緊急離脱用にあると便利。PTリーダのみ使用可能な点に注意する)


◇ 狩り方

① 敵を集める
 まずは敵を集めます。頑張ってもネクロマンサー5体ぐらいまでにしておきましょう。理想は3体です。キリエエレイソンで敵の攻撃をかいくぐって敵陣のど真ん中に突っ込んで行きましょう。前述した位置ズレに注意しつつセイフティーウォールを自身にかけて防御体制を整えます。セイフティーウォール中は死なない自信があるのなら支援魔法の更新を行なっておきましょう。敵が死ぬ直前ぐらいで自身のキリエを更新しておけば時間のロスが減ってGoodです。しかし、敵の数が多い場合はセイフティウォールの更新に努めます。セイフティウォールとセイフティウォールの間にキリエを挟むと青ジェムの消費を抑えることができますが、間に合わない場合は素直にセイフティウォールを連打してください。あとはウォーロックに間違って敵が行ってしまった場合にも冷静にセイフティウォールで守ってあげましょう。敵を少しでもトレインするなら絶対にヒール砲などでタゲ固定をしてください。
 
■「こんなに大量の敵、どうやって抱えるの!?」って思う方にアドバイス。
 ヒールを連打して抱えることを意識的にやめてください。抱える際に使うスキルは、セイフティウォールキリエエレイソンハイネスヒール回復アイテム連打となります。ネクロマンサーを複数抱えていると、致命的な傷やゾンビ化の状態異常を受けてしまうため ヒール連打で耐えることはかなり難しいはずです。セイフティウォールを使う習慣のない人は結構いると思います。いい機会なので慣れて下さい。


nanashi_03_SW.jpg


② 攻撃方法

 メイン火力はウォーロックの扱う火属性大魔法クリムゾンロックとなります。クリムゾンロックとは 宇宙に散在する巨大な隕石を術者の魔力で呼び寄せる魔法です。隕石は大気圏突入時に空気との摩擦により、高い熱量を帯びるため、対象に強力な火属性ダメージを与えます。また落下時の衝撃により周囲にも大ダメージを与えるとともに脳震盪を引き起こし、敵を一時的に行動不能状態(スタン)に陥らせます。

nanashi_03_CrR.jpg

 クリムゾンロックで取り巻きのゾンビスローターは確実に倒せますがネクロマンサーは倒せません。そのためソウルエクスパンションでトドメを刺します。ソウルエクスパンションとは念属性のダメージを与える短詠唱・短ディレイの念属性魔法です。素早く中威力のダメージを与えることから修道院3Fでは追撃用魔法として使用されています。低レベルのウォーロックならば追撃用のソウルエクスパンションを2回放つ必要性がありますが、高レベルのウォーロックにもなれば追撃はソウルエクスパンション1回で足りるようになります。あらかじめネクロマンサーにレックスエーテルナをかけておけばクリムゾンロック一撃で葬ることが可能です。ウォーロックのAspdにより取り巻きのゾンビスローターのExp・討伐数カウントがされない場合があるので、ウォーロックの方とよく相談してください。


◇ まとめ
 
 支援の立場からでしか この狩りを経験していないので、ウォーロックの人が読んでもあんまり参考にはならなそうな内容かもしれません。この狩りはテンポがすごく重要だと思います。効率を上げたければ索敵時に立ち止まって支援をかけ直すことをやめましょう。なかなか難しいですが敵を抱えて殲滅しているなかで支援魔法をかけ直すのが一番効率が良いです。ただ支援魔法がきれているなかで無理やり強引に進軍するのはスマートとは言えません。一番効率が悪いことは、決壊して再出発になってしまうことです。慎重かつ大胆をモットーに行動して下さい。

 以上!第一教区よりお送りいたしました!

 更新スピードが遅くてごめんなさい(ノ´∀`*)あせあせ
スポンサーサイト
名も無き島 修道院3F | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

ROサイトマスコット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。