blog_title7.jpg
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/03/04

ジュデックス型AB ステータス解説

ステータス解説3

はじめに2
 今回の主題はステータス解説です。ジュデックス型ABにはどんなステータス型が存在し、各ステータスが戦闘にどのような影響を及ぼすのか~といったことを書いていきます。AB転職後の初心者からLv110台あたりの中級者までを狙った文章にしようと考えています。

 現状ABには様々な型が存在しています。

■ 支援 型
■ ME+ジュデックス追撃 型
■ ジュデックス型
■ アドラ型
■ 殴り型

 今回はジュデックス型をメインに考察していきます。気持ちとしては全型のステータス型をじっくり考察してみたいものですが、装備も知識もないので無理ですね(ノ´∀`*)


各ステータスについて2
■ [画像_01]:バランス型AB ステータス例
Lv145_kanoka.jpg

STR.jpg
 ■ STR の効果
  ・1上がる毎にATK+1(弓系以外)
  ・5上がる毎にATK+1(弓系)
  ・1上がる毎に最大積載量+30
  ・10上がる毎に武器ATKにボーナス

 ■ STR の利点
  □ 最大積載量が増加しアイテムを多く持てる。

 殴り型で閃光の爪を装備する人は、STRペナルティを考慮して補正込100振ると良いです。それ以外の人は未振りの1で問題ありません。上記の通り1上がる毎に最大積載量+30されます。青ジェム(重量3)で例えると単純計算で10個多く持てるようになるって考えがちですが、積載49%を考慮すると5個多く持てるようになるだけです。青ジェムを多く使用する支援型&アドラ型なら30までなら振っても良いでしょう。STR未振りのキャラと比較すると青ジェムを150個多く持てるので狩場での滞在時間が飛躍的に伸びます。限定的な例を挙げると荷なしの少数構成ETなどで非常に便利。いろいろと例を挙げて述べましたが、ジュデックス型なら青ジェムをほとんど消費しないので、STRは未振りで大丈夫です。
 そういえば最近、殴りABを作ってみました。Aspd193&デュプレライトの超速殴りに憧れて作ってみましたが、所詮素殴りは素殴りです。範囲スキルを使ってガンガン狩るスタイルが好きな私の場合、性に合わない型でした(ノ´∀`*) あ、殴り型を批判したわけじゃないですからね!合うか合わないかの話ですよ(笑


AGI.jpg
 ■ AGI の効果
  ・1上がる毎にFLEE+1
  ・5上がる毎にDEF+1
  ・1上がる毎にASPD上昇(影響大)
  ・出血・睡眠の耐性

■ AGI の利点
  □ 高Flee✕キリエ=高機動力 ⇒ 索敵能力増加、事故死の低減、位置ズレ防止
  □ 高Aspd✕アイシラC効果発動=超速ジュデックス ⇒ 高密度の範囲殲滅力、

 ジュデックス型ABにとってAGIはとても重要なステータスです。メリットは大きく分けて3つあるので、各々を説明していこうと思います。

 ■ Flee の上昇
 高Flee&キリエエレイソンを併用することで、強力な敵が数多く闊歩するダンジョンでもスムーズに移動することが可能になります。高Fleeであるとキリエエレイソンの耐久値が減りづらくなるため、一度のキリエでも長い時間ヒットストップなしで歩き回れます。低Fleeだとすぐキリエが消滅してしまうため更新頻度が増え、ストレスが溜まります。高AGI且つ高Fleeのステータス構成にすることで、狩場での機動力が飛躍的に向上するのです。
 狩り中に起こる厄介なアクシデントの1つが「位置ズレ」です。位置ズレを起こすとSW&ニュマに乗れていなかったり、バックサンクが失敗したり、、いろいろ面倒です(;・∀・) 移動時にヒットストップが起きることで画面上の座標と内部の座標に差異が生じる。というのが位置ズレの理屈です。これを防ぐには「移動時に敵の攻撃を受けないこと」が最も重要なわけです。そのためキリエエレイソン+高Fleeは位置ズレを予防するのに最たる対策といえるのです。

 ■ Aspd の上昇
 一見 Aspdは魔法職にとって無意味なように思えますが、ジュデックスABに関してはとても重要なステータスの1つになります。ROの仕様を深く知っている人ならピンとくるかもしれませんが、今回は初心者~中級者を狙った考察文のため詳しく書いていこうと思います。
 Aspdとはモーションディレイの値のことを指しています。モーションディレイとは、スキル発動後のスキルディレイと同タイミングで発生する硬直時間のことです。ジュデックスはスキルディレイ0ms(㍉秒)のスキルなので、スキル発動後の硬直時間は100%モーションディレイに左右されるわけです。以下の図をご覧下さい。

Aspd150.jpg
Aspd175.jpg

 AGI未振りでAspd150の場合と、AGI素70以上でスピードポーション&サラマイン使用でAspd175の場合とでは、スキル発動後の硬直時間に500msもの差が生じます。たかが0.5秒と思うかもしれませんがゲームスピードの速さが売りのROにおいて、500msはめちゃくちゃ大きな違いです。AGI未振りの人が、AGIを振っている人と同じ速度でジュデックスを連打するためには、DEX180ぐらいの詠唱能力が必要となります。

◇ INT120 DEX70 AGI65 Aspd175
詠唱時間 600ms
モーションディレイ 500ms
・合計 1100ms

◇ INT120 DEX180 AGI1 Aspd150
詠唱時間 100ms
モーションディレイ 1000ms
・合計 1100ms

 上記の比較で分かる通り Aspdを詠唱速度でカバーしようとすると、とんでもないDEXが必要になるということが分かったと思います。MEは連打するようなスキルではなかったためにAspdの必要性は薄かったのですが、ジュデックスは素早く連打しなければいけないスキルのため、Aspdが必要になるわけです。だからといってがむしゃらにAGIを振ればいいというわけではありません。ROの仕様上ステータスは特化すればするほど効果がゆっくりと薄くなっていくので、AGIは60~90ぐらいが最も効率が良いです。Aspdは175(モーションディレイ500ms)あたりを狙っていくと良いでしょう。


 ■ アイシラCとモーションキャンセルの相反性。ジュデ連打速度が抱えるジレンマについて

 モーションキャンセルを成功させるには、魔法発動~直後のタイミングを狙って次のジュデックスをキャストする必要があります。詠唱が遅ければ遅いほど成功しやすく、詠唱が早ければ早いほどタイミングが掴みづらくなります。つまるところモーションキャンセルを狙ってだすためには低速詠唱だと楽です。
 
 まとめ①:魔法発動~直後のタイミングで次のジュデックスをキャストするとモーションキャンセル成功。
 まとめ②:詠唱が遅いほどモーションキャンセルは成功しやすい。

 続いて、モーションキャンセル受付タイミングの話です。魔法発動直後を狙って次のジュデックスをキャストしなければならないわけですが、詠唱開始~魔法発動の間に何度クリックしようが、魔法発動後のタイミングでキャストできればモーションキャンセルは成功します。そのためクリック鬼連打が最も成功させやすい手段なのかもしれませんね(笑

 まとめ③:詠唱開始~魔法発動の間に何度クリックしようがモーションキャンセルは発動する。
 まとめ④:クリック鬼連打が有効(笑

 モーションキャンセルが成功することを前提とした場合、Aspdはいらない要素になります。Fleeは重要ですがいっそのこと初期AGIでも良いのではないか?という結論に至ります。AGIを削ることで得られるステータスポイントは莫大で、めっちゃVITにつぎ込むことができたり、Luk77型も夢ではなくなります。

 まとめ⑤:Aspdが不要になる可能性がある。

 モーションディレイが発生しない。果たしてそれは最速なのか?それに楔を打ち込む存在がアイシラcの存在です。第一教区の教えの中に「低確率な要素は効率に直結しない。」という格言があります。しかしアイシラcは高確率で詠唱半減が発動するため効率に大きな影響を与えます。ジュデックスの詠唱が短縮されるとプレイヤーによっては100ms以下で詠唱できるようになります。しかし詠唱速度が短くなってしまうとモーションキャンセルは発動しにくくなります。「モーションキャンセルが成功できる通常時」と「モーションキャンセルが失敗するアイシラ発動時」が同じ時間だと、まったくアイシラcが活かせないのです。そこにアイシラcの落とし穴があるのです。

 まとめ⑥:アイシラcとモーションキャンセルは両立できない。

 さて、ここで2つの型が生まれます。

 A.モーションキャンセル型
  ■ モーションキャンセル成功率を上げるために低DEX(DEX40~60)
  ■ Aspdが不要なため低AGI(AGI1,Aspd150~155)

 B.アイシラ型
  ■ 高詠唱(DEX70~90)
  ■ 高Aspd(AGI60~90,Aspd174~180)

 a,bの型には上記の特徴があります。モーションキャンセルを使いこなすにはそれ相応のステータスの低さが要求されるわけです。低レベルだとモーションキャンセル型の方が強く、高レベルだとアイシラ型が強いです。装備によっては低レベルだろうが高レベルだろうが関係なくBの型が強いわけですが、好みもあると思うので鵜呑みにしないようにしてくださいね(ノ∀`)タハー
 
 まとめ⑦:退魔ABには2つの型があり、モーションキャンセル型とアイシラ型で大別できる。
 まとめ⑧:モーションキャンセル型は低レベル時でもジュデ高速連打が可能。(ノ∀`)カモシレナイ?
 まとめ⑨:アイシラ型は大器晩成。詠唱時間+モーションディレイが600ms以下になるため超速連打が可能。


 Aの型⇒Bの型という過程で育てていくと、どうしてもAの型ともBの型とも言えない微妙なステータス構成の時期が存在します。その時期にタイトルで挙げたジレンマが発生するわけです。

 ■ DEXが低い方がジュデックス連打が速くなる(モーションキャンセル使用)
 ■ DEXが高い方がジュデックス連打が速くなる(ASPDが高くアイシラcを使用)


 難しいことはわかりませんが、日本語でいうと二律背反とか矛盾、英語だとパラドックス・ジレンマとか言われるようです。これを読んでいる皆さんはこんな小難しいことに頭を悩ませないで気軽にROを楽しんで下さいね(*´∀`*)b たかがAGIの解説だったんですけど話が変な方向に飛躍しすぎました…。さて次の話にいきましょうか(笑


 ■ 睡眠・出血の完全耐性
 最後は、状態異常への耐性についてです。AGIを補正込100にすることで出血・睡眠の状態異常に対する完全耐性をもつことができるようになります。状態異常への耐性を得るためには下記の3要素のうち1つを満たせば良いのですが…、

 1. 耐性ステータス値を上げて、状態異常にかかる確率を0%にする。
 2. 耐性ステータス値を上げて、状態異常にかかった時の持続時間を0秒にする。
 3. カード効果により状態異常にかかる確率を強制的に0%にする。

 3を満たす場合は、ナイトメアc(完全睡眠耐性)かウンゴリアントc(出血完全耐性)が必要になってくるわけですが、「支援職なのに攻めの姿勢」が最大のポイントであるジュデックス型の場合、頭装備に挿すカードはアイシラcで固定のはずです(笑) それにジュデックス型ではAGIが死にステではなく超生きステ?なので、できるならば補正込100での完全耐性をねらって下さい。一応ですが、完全耐性を得るためにAGIを上げるのではないですからね!!Aspd&Fleeを極める通過点に たまたま睡眠&出血の完全耐性がいたから ついでに満たしてしまおうっていうだけの話です。そこらへんを履き違えないように(*´∀`*)b
 AGI補正込100にすることで、自分と同Lv以下の敵に対して完全耐性を得ることができるようになります。自分よりLvが高い相手の場合、状態異常にかかる確率が0%にならず、状態異常にかかる持続時間も0秒にならないため注意が必要です(;・∀・)アセアセ 3の場合はLvによる影響を受けないことも覚えておくといいでしょう。


VIT.jpg
 ■ VIT の効果
  ・2上がる毎にDEF+1
  ・5上がる毎にMDEF+1
  ・1上がる毎にMHP+1%
  ・1あがる度にHP回復アイテムの回復量+2%
  ・5上がる毎にHP自然回復量+1
  ・スタン・毒・猛毒の耐性

■ VIT の利点
  □ 最大HPが高い ⇒ より多くの敵を抱えて倒せる。
  □ 高HP ⇒ 高耐久力 ⇒ 首の皮一枚でも生への可能性が生まれ、緊急下での思考時間を助長する。

 ■ VITとは最大HPを上げるためにある。
 VITを振る最大の目的は最大HPをあげること。最大HPが高いとより多くの敵を抱えて倒すことが可能になるためExp効率が飛躍的に向上します。例えばLv98ABとLv145ABとでプルス&スコグルを抱えようとしたとき、Lv99ABは2体が限度。Lv144ABは10体抱えても倒しきることが可能です。

 ■ 防御ステータスとしてのVIT・AGI
 VIT・AGIは防御ステータスと呼称される通り、交戦時時キャラクターの生存に大きく関わるステータス値です。AGIは回避力(Flee)を上げることで総ダメージ量を減らす。VITは防御力(DEF)と生命力(最大HP)を高めることで、死ぬまでの時間が増えるため「しぶとく」なります(笑 AGI・VIT双方の恩恵を100%生かしきれるのがジュデックス型ABの特徴でもあるため、死にステにはなり辛い。ただ回避力(Flee)は1対多の戦闘では役に立たないため注意が必要。逆にVITは1対多の戦闘になればなるほど強みを増していく。
 「多くの敵を抱えて倒す」ことの前工程には必ず「多くの敵を引き連れて3x3セルにまとめる」ことが必要になります。ここでいう「多くの敵を抱えて倒す」ことはVITの仕事。先程も述べたように1対多の状況のためです。次に「多くの敵を引き連れて3x3セルにまとめる」ことはAGIの仕事となります。トレインしている最中は目前の敵を避けるorキリエで受けながら後方に敵を溜めていくことになるので出会い頭では1対1の状況が断続的に起こることになります。そのためトレイン時はAGIが活きるのです。いくら最終的に1対多の状況になるからといってAGIを疎かにしてはトレイン能力が損なわれてしまいます。両方バランスよく振っていくのが望ましいでしょう。

 ■ AGI
  ・1対1の戦闘で強みを発揮する。
  ・多くの敵をトレインするのに適している。

 ■ VIT
  ・1対多の戦闘になるほど効果を実感できる。
  ・多くの敵を抱えて倒すためには高HPは必須。


 ■ VITの真意。
 退魔ABをやっていると案外疎かになるのがVITです。しかし退魔ABにとって最大HPというものが如何に重要なものなのか、ゲームをやっていれば否応にもそれに気付かされるはずです。対策なしに為す術もなく大ダメージを受けてしまった時、"首の皮一枚で最低限の可能性"を残してくれるのはVITであり最大HPなのです。そこらへんを認識しているかしていないかは結構大きい差だったりします。不意を突かれて大ダメージを受ける。突然、逼迫or過酷な状況下での立ち回りを要求されたりしたとき、最大HPの高さは私達に"考える時間"を与えてくれるのです。この"考える時間"はゲームスピードの早いROにおいてもっとも重要なことであり、緊急下であればあるほど喉から手が出るほど欲するモノなのではないかと思います。プレイヤースキルがある人ほど削ることができるVITですが、どんな上級者といえどもプレイヤースキルが及ばない状況はあります。支援は緊急時にPTを立て直す重要なポジションです。あんまりVIT疎かにしないようにしましょうね(笑


 ■ ステータスを振る目安。
 まずはAGI。AGIの項目でも書きましたが60~90の間で決めれば良いです。ただAGI職のようにFleeをいくつ満たすか~という考え方ではなく、Aspd数値が小数点以下端数が0になるように調整すると良いです。
 VITは極端に少なすぎなければいくつまで振っても大丈夫。しかし退魔ABは総合力で勝負する型なのでVITに振りすぎて他のステータスが逼迫してしまうのは厳禁。どのステータスもバランス良く振るのが大事です。目標はVIT30~100。スタン、毒、猛毒への完全耐性を求めるなら、素VIT95にしてジョブ補正+5をあわせて100に調整すると良いでしょう。


DEX.jpg
 ■ DEX の効果
  ・1上がる毎にASPD上昇(影響極小)
  ・1上がる毎に詠唱時間が短くなる(影響大)
  ・1上がる毎に魔法が与える最低ダメージが上昇する(影響大)

 ■ DEX の利点
  □ 高DEX✕詠唱短縮装備✕アイシラc効果 = 超速詠唱 ⇒ ジュデックス超速連打が可能
  □ 最低Matkの底上げ = ダメージのブレがなくなり確殺数が安定する。

 ■ 詠唱速度とメンタルヘルス
 
 近年ルーンミッドガッツ王国が潜在的に抱えるリスクの1つとして「ストレス」が挙げられる。これまで季節行事にあやかったイベントやアップデート、公式な場での新要素の発表などでプレイヤー達への様々なメンタルヘルスケアが行われてきたが、根本的なストレス解消には至っていない。
 ROを辞めていく理由の1つに「孤独死」に似たような現象が挙げられる。孤独死とは読んで字の如く 一人暮らしの人が誰にも看取られる事無く、当人の住居内等で生活中の突発的な疾病等によって死亡する事である。そもそもオンラインゲームとは人と楽しむものである。しかし度重なるアップデートで職やROの楽しみ方自体も多様化していったために、マイノリティ側(社会的に弱い立場へ置かれることの意)に押しやられたプレイヤーが人との繋がりを失い、ソロプレイヤーへと堕ちていき、やがてはROをプレイしなくなるのだ。

 さて、以上の点を踏まえて詠唱速度の話をしていきましょうか(*´∀`*)b ストレス社会化した現状のROを生き抜いていくためには、如何にプレイ中にストレスを感じないかがとても重要なわけです。プレイ中に感じるストレスの1つに詠唱速度が挙げられます。ABは 回復/自己Buff/攻撃 全てに詠唱が必要なため、詠唱速度が遅いとストレスがマッハ(ブロント語:ストレスを強く感じる意)なのは言うまでもありません。INTが高い時点でかなり詠唱時間は短縮されますが、さらに詠唱を早めるためにはDEXが必要になってきます。もう話をどうまとめていいのか迷走気味ですが、詠唱速度を上げてストレス社会と戦って行きましょう!!ってことです(笑


 ■ DEXとINTと詠唱短縮装備。

 詠唱速度を上げるためには、「INT」「DEX」「詠唱短縮装備」の三要素が必用となります。INTはBaseLv80~の段階で補正込120になります。この状態で必要最低限の詠唱速度を確保しているとも言えます。が、しかし『高速詠唱』は強い魔法職を目指す上での必須条件。詠唱短縮装備はあくまで補助的なものです。これからMatk系の強力な装備が出る可能性もあるので頼りすぎるのも厳禁。そのためDEXを多く振る必要があります。
 DEXをどれだけ振るかは、必要なステータス値を全て確保した上で余ったステータスポイントを全てつぎ込むもの。と考えれば良いです。1つ例を挙げます。

STR 1
AGI 84 (出血など完全耐性のため、補正込100)
VIT 95 (スタンなどの完全耐性のため、補正込100)
INT 120
DEX 80
LUK 1

「INT」は高火力のために120振り。「VIT」はステータス異常の完全耐性のために95振り固定。「AGI」もステータス異常の完全耐性のために84振り固定。そう考えれば残りはDEXにつぎ込むだけってことになります。余ったステータスをつぎ込むっていうと聞こえが悪い気もしますが、それでも補正込100は達成できます。INT140、AGI/VIT/DEX100 まさにバランス型の極みですよね(笑

 第一教区は素DEX80を推します。もっとDEXを振って詠唱速度を上げたい!!っていう人もたくさん見て来ました。なんで詠唱速度がそんなに欲しいの??って聞くと、「G狩りで支援する時があるので^^;」という人ばっかりです。詠唱速度が欲しいからDEXを振るっていう短絡的な考えじゃなく、支援プレイはスプリントリングx2。退魔プレイはTheSign x2にするなど、柔軟に考えればいいと思います。ステータスリセットがよくあるご時世ですが、なるべくなら頼りたくないものです(笑 不意を突かれて対策も無しに大ダメージを受けてしまったとき、最終的に頼りになるものは最大HP、つまるところVITです。そこを見誤ったステータス構成にはしないようにしましょう。


INT.jpg
 ■ INT の効果
  ・1上がる毎にMATK+1
  ・7上がる毎にMATKボーナス
  ・1上がる毎にMDEF+1
  ・1上がる毎に詠唱時間が短くなる(影響小)
  ・1上がる毎にMSP+1%
  ・1上がる度にSP回復アイテムの回復量+2%
  ・6上がる毎にSP自然回復量+1

 ■ INT の利点
  □ 高INT✕高Matk✕高BaseLv = 高火力ジュデックス
  □ 詠唱時間短縮 ⇒ 低レベル時の詠唱ブースト。

 ■ INTを振っておけば間違いない!!(断言
 表題通り序盤はINTだけを振っておけば問題ないです。だって最終的に素INT120まで振るんですからね(*´ω`*) AB転職時のステータスリセットでINT120振りにしてしまうと育成が難しくなりますが、それはそれで個性の1つ。退魔ABを溺愛する第一教区の読者ならば、ま~~~ったく問題ないはずです!!!さぁ!ステータスポイントをINTにどんどん突っ込んじゃいましょう☆ミ

 ■ I LOVE Matk !!
 さて 全ての魔法職にとっての共通事項が1つ。INTは7の倍数で調整しましょう。INT以外のステータスを充実させたい人は補正込119が安定。ジュデックスで高火力を出したい人は補正込140or147を目指してみましょう。
 
  INT 119 Matk 215
  INT 126 Matk 234
  INT 133 Matk 253
  INT 140 Matk 273
  INT 147 Matk 294
  INT 154 Matk 315
 
 ■ ステータス: INT+120
 ■ ジョブボーナス(JobLv50): INT+8
 ■ スキル(ブレッシング): INT+10
 ■ 杖(スタッフオブピアーシング): INT+4
 ■ アイシラc: INT+2
  合計①: INT+144
 ■ 料理(カクテル・竜の吐息): INT+10
  合計②: INT+154

 INT140っていうのは一見敷居が高いように感じますが、ブレッシングのあるアコ系にとっては簡単に達成できます。大体の退魔型ABはJOB完成後にINT補正込144になります。INT+10料理を使用すればINT補正込154も達成することができるので、INT119型と比較するとMatk100も差が出ます。Matk100っていうのは、スカラバc挿しギュゲスの指輪2つ分です。そう考えるとすごい差に思えませんか??(笑
 
 装備のMatkに関することもまとめようと思いましたが、装備って更新されるの早いんで辞めておきます。すぐ過去のものになっちゃうのは嫌ですし(=_=;)


LUK.jpg
 ■ LUK の効果
  ・3上がる毎にATK+1
  ・3上がる毎にMATK+1
  ・3上がる毎にHIT+1
  ・5上がる毎にFLEE+1
  ・3上がる毎にCri+1
  ・10上がる毎に完全回避+1

 ■ ステータスポイントが余ったら…?
 もしステータスポイントが余ったのなら、Lukに30程振ってみるのも悪くはないでしょう。上記にLUKの効果一覧を載せてみましたが、ちょこちょこっとは恩恵があるようです。これを"微々たるもの"と捉えるか、"いろいろな効果があるお得なもの"と捉えるのか、あなたはどちらのタイプでしょうか(*´ω`*)?

 ■ 火力追求の最終手段として、
 LUKを考察する上で欠かせないのが、"うさ耳ニット帽""アークエンジェリングc"です。ジュデックスで狩りをしているとSP消費が自然回復を上回り、ゆっくりSPが減っていきます。とくに序盤が顕著で、20分も保ちません。ここでSP自然回復量を飛躍的に向上させる先ほどの2候補がでてくるわけです。LUK55,77と必須条件が相当キツイわけですが、その条件相応の効果が期待できます。ジュデックスを主体にした狩りならば間違いなくSPに困ることはなくなるはずです。
 さて、ここで登場するのが審判の靴です。火力が30%上昇するためジュデックス型ABとしては装備しておきたい一品なのですが、如何せんSP消費が激しすぎて使い物にならないという有様。じゃあ、SP消費を改善すればいいじゃん!!!ってなりますよね(*´ω`*)!

 ■ 審判の靴(ジュデックス消費SP72)
 ■ アイシラc挿しうさ耳ニット帽子(SP自然回復+50%)

 アークエンジェリングカードは頭装備に挿すカードで、アイシラcが使えないためNG。やはり入手難易度と必要LUKの低いうさ耳ニット帽の方が使い勝手が良いでしょう。うさ耳ニット帽にアークエンジェリングcを挿すっていう荒技もありますが…、ちょっとやり過ぎな気がします(笑
 LUK55を満たそうとすると、かなりのステータスを削ることになります。せっかくジュデックスの火力が上がるのにINTを削るっていうのもどうかと思います(;´д`) そこでAGI&VITが犠牲になるわけです。耐久力やトレイン性能を犠牲にして火力を手に入れる…、しかもバリアントシューズを履けないので最大HPもすっごく下がる。でも威力30%も上がるってヤバいです。まぁここまで長く書いているわけですが試したことがないので全部机上の空論です。誰か試して下さい(笑


ステータス構成について 
 ジュデックス型ABには様々なステータス型が存在しますが、それは通過点での話です。Lv150になる頃には、ほとんどのプレイヤーがバランス型になっているでしょう。ですのでここでは通過点での話をしようと思います。最終的にはみんな似たり寄ったりなステータスになるのは目に見えているわけですが、現状のROはまさに育成ゲーム。通過点を楽しむことが重要なわけです。
 本章ではLv100時点でのステータス型を参考程度に記載していきます。三次転職後の迷える教徒たちへの道標になればと思います。


量産型
■ BaseLv100 JobLv30

【ステータス値】
 STR 1 + 14
 AGI 60 + 14
 VIT 48 + 3
 INT 100 + 17
 DEX 60 + 13
 LUK 1 + 0

 HP 8178
 SP 2199
 Flee 274
 Aspd 174

装備:杖&盾 を装備した状態。
消費アイテム:スピードアップポーション&濃縮サラマイン使用。

■ ジュデックスをつかったとき。
詠唱時間:0.59秒
モーションディレイ:0.52秒
合計:1.11秒

■ 量産型の解説
 Lv100でジュデックスを思う存分楽しむために考案したオーソドックスなステータス構成です。正直なところSP消費が激しく耐久力があまりないので、序盤は休憩を挟んで狩るか、効率を意図的に下げて狩ることになるでしょう。MEでの狩りと同様、自分の強さと敵の強さとで抱えられる適正数を見極めて狩っていくことが大切です。
 まず、STRとLUKは1のままで十分。INTは100振って補正込119を目指します。Job補正と杖でINTが加算されるためINT119は簡単に達成できるはず。少し背伸びして126を目指すのもアリ。
 DEXは60もあれば十分ですが、高DEXプリをもともと所持していた人ならば物足りないと思います。その場合はVITを少し削って素70まで振りましょう。素80まで振ると他のステータスが犠牲になるため耐久力に不安を感じるかもしれません。詠唱が気になる方はステータスで補うより詠唱短縮装備を検討して下さい。支援もしたい!って人はDEXを多く振りがちですが、支援プレイ時にMatkは不要の長物。短絡的に「DEXを伸ばす」なんてせずにスプリントリングx2を装備した方が賢いと言えます。
 AGIは60も振れば満足できるはずです。ジュデックスを連打するためにAspdは大事だと散々書いていますが、AGIを振りまくればいいというわけでもありません。AGI補正込74、スピポ&サラマイン使用でピッタリAspd174(モーションディレイ0.52秒)が達成できるので、とてもオススメな値です。Fleeも274と高めなため、タムラン程度の敵ならバンバン回避できます。Fleeが高いとキリエの耐久値が減りにくくなるため持続時間が伸びます。狩場でスイスイ歩きまわる事が可能になるため機動力という強みも見いだせるでしょう。
 Lv100以降はどのステータスを伸ばせばいいのか??個人的にオススメなのはINTです。Lv120付近までINTを120まで振り続けて補正込140を目指していきましょう。INTを最上限まで上げきることで、SP枯渇の改善とMatk・BaseLvアップにより高火力を目指していきます。


DEX型
■ BaseLv100 JobLv30

【ステータス値】
 STR 1 + 14
 AGI 60 + 14
 VIT 33 + 3
 INT 100 + 17
 DEX 70 + 13
 LUK 1 + 0

 HP 7365
 SP 2199
 Flee 274
 Aspd 174

装備:杖&盾 を装備した状態。
消費アイテム:スピードアップポーション&濃縮サラマイン使用。

■ ジュデックスをつかったとき。
詠唱時間:0.53秒
モーションディレイ:0.52秒
合計:1.06秒

■ DEX型の解説
 DEXを素70まで振り、VITを48→33に減らした型です。ジュデックスに限らず全ての魔法の詠唱時間が減るため、相対的にExp効率が高められます。しかしDEXを上げるということは常に、耐久力とのトレードオフであることを忘れてはいけません。耐久力はスキル(SW,サンクなど)で補うことも可能なため、プレイヤースキルに自信がある方はどんどんVITを削ってDEXorAGIに振ってみて下さい。しかしSWorサンクを展開するということは、それだけ戦闘の手数が増えるということ。DEXを上げて詠唱速度が上がったとしても手数が増えていてはExp効率は悪くなる一方です。
 退魔型ABはソロプレイになりがちですが、支援スキルも充実しているため退魔AB同士でペアしてみたり他職とPTを組んだりとプレイの幅が広いのも特徴の1つ。それ故に 何に汎用性をもたせ、何に特化していくのか?というキャラクター構想(主軸)だけはしっかりともってステータスを振っていって下さい。あれもしたい!これもしたい!の融通がすっごい効いちゃう職業なので、人によってはME敷きながら殴る人、殴っているのに支援もしちゃう人、支援なのにアドラ・ジュデックスで殲滅役に回っちゃう人など、もう何がなんやら分からないですよね(*´∀`*) 「主軸はジュデックス型だけど副次的に支援もできる!」っていうキャラにオススメなのが、このDEX型です。Lv100の段階でこれ以上DEXに振ってしまうと、ちょっと弱いジュデックス型ABになってしまいます。支援役として呼ばれて詠唱速度が欲しいときは詠唱短縮装備(スプリントリングなど)で補うようにしましょう。Lv100以降更にDEXを上げていくのは効果が見えづらいためオススメはしません。INTを120まで振っていくかVITを補強していくようにしましょう。


INT型
■ BaseLv100 JobLv30

【ステータス値】
 STR 1 + 14
 AGI 30 + 14
 VIT 20 + 3
 INT 120 + 17
 DEX 40 + 13
 LUK 1 + 0

 HP 6661
 SP 2401
 Flee 242
 Aspd 168


装備:杖&盾 を装備した状態。
消費アイテム:スピードアップポーション&濃縮サラマイン使用。

■ ジュデックスをつかったとき。
詠唱時間:0.64秒
モーションディレイ:0.64秒
合計:1.28秒


■ INT型の解説
量産型から大きく耐久力を落とし、INTを極めた型。相当な物好きでなければ育成を断念してしまう、やっちゃった系のステータス構成です。INTでも詠唱速度が上がるため、詠唱速度には不満がないでしょう。INTを多く振った故にMatkが高く最大SP・自然SP回復量も上がるため、メディタティオLv10と組み合わせることで無尽蔵?ともいえるSPを確保することができるようになります。しかし耐久力がないため、多くの敵を抱えて倒すことができず…ただただ弱い…、装備が揃っていないとせっかくの高INTを高火力へ転化できない場合もあるため、宝の持ち腐れになってしまうこともしばしばあるようです。+10SOP&マジカルブースターの有無でINT120にするかしないかを決めるのも良いでしょう。装備が揃っていてプレイヤースキルに自信がある人にはオススメできる型です。やってみたら分かりますが、弱さも強さも内包している癖のあるステータス構成になるため、ダメだけど憎めない愛くるしいキャラになっちゃうかもしれません(笑
 序盤のレベル上げは苦行ですが、Lvが上がる度にAGI/VIT/DEXをどんどん上げていけるので、自キャラが強くなっていくのを体感しやすいといった面白さもあったりします。退魔AB2体目~3体目あたりで興味のある方は作ってみてくださいね(笑

■ Lv120 Job50 時のステータス構成
STR 1+13
AGI 60+12
VIT 50+3
INT 120+17
DEX 60+13
LUK 1+0

 Lv120あたりで上記のようなステータス構成になるはずです。一応INT100型とINT120型とで分岐していきますが、そのぐらいのLvになれば私のブログに頼らずとも道は見えているはずです。いろいろ模索してオンリーワンなステータス構成にするのが最も良いって思います。指針が見えずに迷って試行錯誤している瞬間が、きっとROを一番楽しんでいる瞬間なのかもしれません。そんなときに「かのか共和国」を読んで頂いて熟考の足しになればって思います。

まとめ
 なんかもう2ヶ月間ぐらい本記事を書いていた気がします。途中で投げ出したりもしましたが、ようやく次の記事にいけそうです。今回はステータスに関する基本的な事を書きました。もう読者の皆さんにとってはあたりまえのことなんですよね(;´д`)トホホ… 今回の記事はなんと14000字です。単純計算で400字の原稿用紙35枚分もあるので、読み応えのある記事になったのではないでしょうか??隅々まで読んだらコメント下さい。ブログの感想から恋の悩みまで、なんでも"退魔型ABとしての観点"でお答えしましょう(笑
 さて次の記事の話です。狩場考察をやるとしたら間違いなく「ネクロマンサー狩り」をやります。もうこれは宿願…なんでしょうか??去年の夏ぐらいからずっとやろうって思ってて結局やれていないので、そろそろケジメをつけないといけない気がします。別の候補が「スキル考察」今回のステータス解説のように長文系になる予定です。うーん、一応予定なので気長に待ってくださいね(*´ω`*)
 最後に皆さんへのメッセージ。全然更新されないブログに毎日160人もの人が見に来てくれているようです。本当にありがとうございます。訪問数やコメント、ウェブ拍手など全て私の原動力です。遅い更新になってしまいますが、「後世に残る色褪せない文章」を書きたいなって常々思っています。これからも宜しくお願いしますね(*´ω`*)b

 以上!!第一教区よりお送りしました!!!
スポンサーサイト
ステータス解説 | Comments(50) | Trackback(0)
2013/01/22

Lv140台以降のジュデックスABについて

Lv140台以降のジュデックス型ABについて

◇ はじめに
 Lv144になりました!装備もステータスもかなり充実してきて思ったことが1つ!もうABはソロで何処へでも行ける戦闘職のようなキャラになってしまいました。ゴツミノ狩っている人たちみたいな凄まじい効率は望めませんが、RR化前のMEABと比べると自由度は飛躍的に上がったと断言できます。
 今回はジュデックスモーションキャンセルについて少し話をします。とっても大事なことです、よく読んで下さい。
 「かのかさんのブログを見てジュデックス型ABつくりました!」なんてたまに言われたりします。本当に嬉しい限りで励みになります(〃∇〃) 2013年も第一教区を宜しくお願いしますね(*´∀`*)




◇ Lv140以降のジュデックス!!

今回はプルスさんで検証します。Lv140以降のジュデックスはこのぐらいのダメージが出ます!っていう目安にしていただければと思います。まだ装備やステータスが充実していないLv100~110ぐらいの皆さんは、この画像を見て悲観しないでください。Lvが上がればこのぐらいのダメージは出せるようになります!!ジュデックスはBaseLvに依存してダメージが上がるような計算式を導入しているため、低レベルのうちはダメージが低いのです。

■ [画像_02]:エウカリLv10
damage01_normal.jpg

■ [画像_03]:エウカリLv10 + 審判の靴
damage02_artifact.jpg

■ [画像_04]:エウカリLv10 + オラティオLv10
damage03_oratio.jpg

■ [画像_05]:エウカリLv10 + 審判の靴 + オラティオLv10
damage04_oratio_artifact.jpg

■ [画像_06]:エウカリLv10 + 審判の靴 + オラティオLv10 + LA
damage05_oratio_artifact_LA.jpg




◇ 装備について

■ [画像_01]:退魔ABのステータスと装備
AB144_status.jpg

 各装備の解説をしていこうと思います。適当に装備を選んでいるわけではなく、それぞれに意味があります。そんなに深い理由もあるわけじゃありませんが…(〃∇〃)

■ +5 バルーンハット アイシラc挿し
 アイシラcは強力です。前回の動画を見て頂ければわかると思いますが、まるで動画を倍速設定にしているかのようにジュデックスを連打することが可能になります。アイシラc使用時に注意して欲しいのが、ジュデックス先行入力によるモーションキャンセルができなくなるという点です。DEXや詠唱時間短縮装備でジュデックスの詠唱時間を調整して、自分の指の連打速度に合わせてモーションキャンセルを行なっている場合、アイシラc効果発動時には絶対にモーションキャンセルは出来ません。モーションキャンセル使用を前提としてAGIを抑えめ傾向のステータスだとアイシラcの恩恵を十二分に生かせません。そのため、アイシラc効果で第一教区のようなジュデックス連打を実現するためには、高Aspdである必要があります。昔私もジュデックスのモーションキャンセルのためにマジックアイズを装備していましたが、理由はモーションキャンセルに調度良かったってのと金欠です(´・ω・`)
 アリアスカルだと詠唱時間が物足りなく感じ(ダメージ上昇も微々たるもの)、結局コストパフォーマンス重視で+5アリアバルーンハットに落ち着きました。装備は高額であればいいってものではありません。自分の指にあった装備を選びましょう。


298 名前:(^ー^*)ノ~さん[sage] 投稿日:13/01/02(水) 01:21 ID:56a/Mczu0 [1/2]
ジュデABの頭装備ってマジックアイズを最終として捉えてもいいのかね。
-10%詠唱はなかなか高性能だと思うんだが


ちょっと前に某掲示板でジュデックス型の最終頭装備はマジックアイズなの~?みたいな質問があってヒヤリとしました。まさか私のブログを見て言ってるんじゃないかと…自意識過剰でしょうか(笑

【まとめ①】 アイシラcの効果を十二分に発揮するためには高DEX高Aspd、詠唱短縮装備が必要!!
【まとめ②】 詠唱時間を短くすればするほど先行入力は難しい。モーションキャンセル難易度上昇


■ マジカルブースター
 +10SOPと組み合わせることで飛躍的にMatk上昇します。詠唱短縮-10%との効果も相まって、ジュデックス型にとって最もベターな中段装備となっている。当装備以外の選択肢はありません。

■ 真紅の薔薇
 完全に見た目で選んでいます。昔4Mz程で購入してから狩りの時は必ず装着しています。多分元は取りました。1回の狩りで大体1個は出るので青ジェム代は間違いなくペイできます。
 
■ +10 スタッフオブピアーシング
 Matkを極めるならば+10SOP一択です。産出量も申し分ない程あり、+10過剰品もサーバーによりますが値下がってきているように感じられます。+10SOP&マジブと別の装備を比較するときには、+7茨&スカルキャップを取り上げると分かりやすいです。RR以前のMEABだと、天仙娘々3set⇒2setに確殺数が減ります。古い例えですが昔からMEをやっているひとなら一番分かりやすいのではないでしょうか。RR化以降、茨の杖を使っていないのでちょっと使用感は書けないのですが…、1つ言えることは詠唱短縮-10%をとるかディレイ-10%を取るか。ディレイのないジュデックスを連発するときには間違いなく+10SOP&マジブのセットの方が優位性は高いです。装備に迷ったら+10SOPです。現状最も間違いのない装備です。

■ オルレアンサーバー
 盾はほとんどV盾とラウンドバックラーで揃えていました。まさかオルレアンセットを使うことになるなんて想像もつきませんでしたからね(〃∇〃) オルレアンの手袋とのセット効果で詠唱時間が-10%されます。詠唱時間が減るということはジュデックスの連打速度が上がるということです。装備を選ぶときには最終的に、詠唱短縮◯%になるのかを意識しましょう。アリア効果は乗算ではなく、加算で-50%されるので、詠唱短縮をアリアだけに頼るのは微妙です。 詠唱妨害阻止系(フェン・愛しさの欠片・オル服)を考慮した上で、更に詠唱短縮を狙って行きましょう。R化以降DEXよりも装備で詠唱短縮したほうが効率は良いです。装備が揃っているならDEXを抑えることも視野にいれてステータス・装備を熟考してみて下さい。

■ オルレアンの制服
ジュデックス型は基本的に詠唱妨害阻止系装備を付けっぱなしにします。ME型であると装備持ち替えがベターでしたがジュデックス型では短詠唱・連打系のスキルであるため持ち替えはほぼ不可能です。詠唱妨害阻止系装備は現状で、フェンc・愛おしさの欠片・オルレアン制服の三択を迫られると思います。フェンcは初心者向けで駆け出しのジュデックス型がお試しで使うもの。慣れてきたら闇オル服を作ってみましょう。闇オル服で効率的に狩りができるようになれば、オルレアンセットを揃える方向or愛しさの欠片購入を検討してみましょう。オルレアンセットと表記しましたが、オルレアン制服の詠唱ペナルティを打ち消せるのはオルレアンネックレスという装備です。これが出回っていなく効果なので入手難易度は高いです。それでもサーバーによっては愛しさの欠片よりも安値で取引されているので、第一教区としてはオルレアンセットをオススメします。愛しさの欠片はSP消費量が上がるペナルティをもっているので、SP管理が厳しくなります。これは最終的に効率が伸びてきた時に足かせになる可能性大です。ビタタ500やSP回復剤をガンガン使っていくなら話は別です。愛しさの欠片は、SP消費量増という欠点さえ克服できれば、装備の自由度が上がります。

 ■ フェンc
  □ +7DX
  □ スピリチュアルリング
  □ フェンc挿しクリップ
 初心者向け。Matk+10%効果とSPR+9%が魅力。詠唱時間が長いのが欠点。なるべく多くの敵を巻き込んで効率よくアリアを発動させるのが戦闘を短くするコツ。タムラン程度ならこの装備で十分。

 ■ 愛しさの欠片
  □ 愛しさの欠片
   □ 茨の杖・SOP ⇒ W_Sign 魔法ダメージ+10%
   □ +7DX ⇒ スピリチュアルリング・クリップ(スカラバc挿し) Matk+10% Matk+20
 愛しさの欠片を使用することによるSP消費量+15%をいかに克服するかが高効率へのカギ。メディタLv10修得が必須。エギラcによるSPR+15%は魅力的だが最大HPを減らすのは得策ではなくバリアント一択。うさみみニット帽子にアイシラcを挿したものを用意するとかなりSPが楽になる。審判靴は完全に諦めることになる。装備の自由度が高くME時代に揃えた装備をいろいろと使えるのが最大のメリット。

 ■ オルレアン制服
  □ オルレアン制服
  □ オルレアンサーバー
  □ オルレアンの手袋
  □ オルレアンネックレス
 装備の自由度が低いのが唯一の欠点。V盾やホーリーローブ、Dローブなど固有の強力なオプションがついている装備が使えないのが残念な点。しかしあらゆる装備の中で最もMatkが増強され、詠唱短縮-10%になるのは魅力的。ジュデックス型の装備を迷った方なら必ず行き着くであろう最終装備がたぶんオルレアンセットと思われる。威力と詠唱短縮を考えた時、オルレアンセット以外は全て下位互換のように思えてしまう。愛しさの欠片が生み出す装備の自由度か、オルレアンセットでガチガチに固めるか、悩みどころですが第一教区はオルレアンセットを推します。例えばWLを持っていて、最初から愛しさの欠片やWsignを入手している人は、そっち方向で装備を揃えちゃったほうが絶対に良いです。それらの装備をまったく持っていなかった人はオルレアンネックレスを買っちゃいましょう。たぶん愛しさの欠片よりは安いです。

■ スキンオブベントス (レイドリックc挿し) レイドリックが挿してあるという条件を満たせば自由度は高いです。聖なるケープ、ベントス、ヴァルキリーマント&ケープ、ディアボロスマントなど、自分にあったものをチョイス。

■ バリアントシューズ
 費用対効果の非常に高い装備。昔は高かったけど現状は度重なるイベントのおかげで安く手に入ります。稀に+4などのやっちゃった装備が露天に置かれているので気をつけて下さい。未精錬のものを絶対に買うこと。愛しさの欠片や審判靴の使用を検討している方はsヴィダルにエギラを挿すのもアリです。あとはルーンブーツもアリですが確殺がほとんどの場合で変わりません。仮にジュデックス回数が一発減っても…微妙です。


■ オルレアンの手袋 (スカラバカード挿し)
■ オルレアンネックレス (スカラバカード挿し)
 オルレアンセットの核の部分。この2つを揃えるためにお金が幾らかかったことか…。しかもMatk追求のために500k程度のスカラバを挿すという苦行…。私はスカラバc挿しオルレアンネックレスを少し安く買えたので、スカラバcを自分の手で挿したわけではありません。超高給装備にクソカードを挿すのはとても勇気のある行動です。カード未挿しオルレアンネックレスを購入した方は安易にスカラバカードを挿さないで下さい。未挿しのままで使うのが最もベターです。Matk+20なんて微弱ですからね!!!!


■ 上記の装備を揃えると…?

 □ 詠唱短縮 -25%
 □ 詠唱が妨害されない。
 □ Matk +483
 □ Matk +6%
 □ INT +6
 □ DEX +4
 □ Flee +10
 □ 無属性耐性 +20%

こう並べてみると強いですね、オルレアンセット。ぜひ揃えてみて下さい(〃∇〃)




◇ ステータスについて

■ STR (strength) :力
 Lv150でも1の予定。現状で最大所持重量に困っていない。ETとかソロで登るなら…うーん(*´∀`*)

■ AGI (agility) :俊敏性
 AGIは84で補正込100達成可能です。このまま84を目指してAGIを振っていきます。

■ VIT (vitality) :生命力
 VITは95で補正込100達成可能。このまま95を目指してVITを振ります。完成はかなり後半。

■ DEX (dexterity) :器用さ
 DEXは80で抑えるのが最もベスト。AGI・VITを補正込100にしない人は80以上振っても構いません。80以上は趣味の領域です。完全耐性と詠唱短縮とで、実用性という名の天秤にかけたとき…あなたならどちらを選びますか?

■ INT (intelligence) :知力
 INTは必ず120。INT120はLv120手前で完成させてしまうのが良いのかもしれません。後半になればなるほどレベル上げは大変になるので序盤での完成がオススメです。効果の見えにくいステータスは序盤で、効果が分かりやすいステータスは後半で完成させるのが最もモチベーションが保てます。

■ LUK (lucky) :運
 1で十分です。大体死にステになります。効果が微弱なので。

最終的には、、
STR 1+15
AGI 84+16 (補正込100)
VIT 95+5 (補正込100)
INT 120+24
DEX 80+20
Luk 1+1

こうなると、キレイにAGI・VIT・DEXがそれぞれ100になります。妙な満足感(*´∀`*)b

◇ 今後のLvキャップ解放について
 掲示板で稀に、「Lv160のレベルキャップ解放があるのでは?」と話題になります。韓国サーバーのほうでLv160キャップ開放があったから、いずれは日本も…?っていう話の流れです。今まではLv150を基準に最終ステータスを考えていましたが、Lv160になったら何のステを上げましょうかね。多分私はAGIを振ります。ジュデって殴れるアイドルを目指すためです(*´∀`*)b




◇ まとめ

 決して動画撮って上げて、考察文の更新をサボっていたわけではありません。本当ならば長々と文章で書いて説明するのが第一教区らしいと思うのですが、どうしても文章では限界を感じていたわけです。考察文と動画の半々ぐらいで更新していくのがベターな気がして、今回は考察文のほうを上げました。
 Lv140になるとさらに世界が変わりました。多分原因は最大HPです。20k超えてくると本当に死ななくなります。死ぬまでの時間にかなり余裕ができるため判断が少し遅れても生き残れるためです。プレイヤースキルが本当の意味で必要なのは序盤なのかもしれません。終盤はゴリ押しプレイです。プレイヤースキルなんてあったもんじゃない(*´∀`*)
 今回の考察文で最も重要な項目は、ジュデックスでモーションキャンセルするためには、自分の指の連打速度適正な詠唱速度を見極めることです。詠唱速度が早すぎても遅すぎてもモーションキャンセルは難しいです。自分の指で出来る平均的な連打速度と、その連打速度でモーションキャンセルがうまく発動できる詠唱速度を調整すれば、モーションキャンセルを容易に使いこなせることが可能になります。しかし、いかにモーションキャンセルを発動させようとも、最終的にアイシラc&高Aspdでの連打速度が一番早いです。アイシラc未発動時はモーションキャンセル。アイシラc発動時は高速連打できるようなステータス、装備にすると良いでしょう。

motion02-2.jpg
motion03-2.jpg


 ちょっとジュデックスのモーションキャンセルについて補足していきます。あらゆるスキルのモーションディレイ中には、モーションをキャンセルできる先行入力タイミングが存在します。青ゾーンのタイミングでジュデックスを先行入力するとモーションディレイをカットすることが可能です。黄ゾーンで先行入力した場合はモーションディレイが完全に終わるまで待機することになります。
 この青ゾーンを狙って先行入力していくわけですが、タイミングを狙うのは絶対に無理です。アコライト時代のホーリーライトならば簡単にモーションキャンセルできますが、高レベルでのジュデックスでは難しいでしょう。やり方としては前述しておりますが、指の連打速度と青ゾーンがくるタイミングを同調させることです。同調に成功すればいつもと同じ様に連打することを心がけていればモーションキャンセルを連発できるようになります。詠唱短縮装備やDEXでうまく調整しましょう。

ちょっと小難しい話になりましたが、適当でokです(*´∀`*)b

以上!第一教区よりお送りしました!!
Lv140以降について | Comments(26) | Trackback(0)
2013/01/02

RR化後のMEについて

RR化後のMEについて


◇ はじめに

 第一教区はアクセス解析を導入しています。アクセス解析を行なっていると、読者の皆様がどんなワードで検索して当サイトに辿り着いたかを知ることができます。その中で思った以上に多いのが「ME」というワードでした。RR化以降、アドラムスやジュデックスが脚光を浴びる中、マグヌスエクソシズムを主砲として戦う熱い読者の方々が、第一教区を訪れているのです…!!!
 妙な使命感に目覚めた私は、倉庫の奥にしまっておいたME装備を再度引っ張り出しました。ショートカットもME用に替えて、装備をちょくちょく忘れて、狩場とカプラを行き来したりもしました。 私は、MEを久しぶりに放った時に気づきました。持ち替えの手さばきだけは全く衰えていない事に…。そう頭では少し忘れていても体は覚えていたのです!!!


>>続きを読む
RR化後のMEについて | Comments(0) | Trackback(0)
2012/12/30

ジュデックス型ABのまとめ!(改訂版)

ジュデックス型AB のまとめ!!(改訂版2.01)




■ はじめに

 さて、ここのページも情報が古いため一新していこうと思います。ジュデックスって検索するとここのページがトップに出るようです。さすがに2012年12月の情報がいつまでも載ってるのは心苦しいので、2013年夏の総括をここで更新しちゃおうと思います。
 あんまり長文考察にしちゃうと見辛くなっちゃうから簡素にいきます。できればステータス考察を超える文章量で勝負したいところ。ジュデックスABをこれから始める!って人は少ないとは思いますが…、初心者~上級者まで読み応えのある考察文に仕上げようと思うのでご期待下さい。


■ ジュデックス型ABとは?

 RR化より型が新定義された「ジュデックス型AB」とはどのように戦う型なのか?そんな疑問に答えるべく動画を載せておきました。以前にもアップしたものですが、よく出来ているのでこちらに転載しておきます。
 ジュデックス型ABっていうのはその名のとおりジュデックスをメイン火力とした狩りを行うABのことです。ジュデックスは決して高いMatk倍率を誇るスキルではありません。しかし、Matk増強装備で身を固めて魔法攻撃力を上げ、短詠唱・短ディレイの長所を最大限に活かして高速連打することにより最高峰の秒間火力実現することが可能となります。
 ジュデックス型はアドラムスやMEを修得しません。何故なら装備&修得スキルが違うからです。

■ マグヌスエクソシズム ⇒ クリップ&スピリチュアルリング
■ アドラムス ⇒ 審判セット
■ ジュデックス ⇒ Matk装備

 と、それぞれの魔法を主火力レベルへ昇華させるためには、それに特化した装備とスキル構成が必要となってきます。あっちもこっちもと手を出すと、どうしても特化した型と比較したときに劣ってしまいます。後悔したくなければ特化したステータス、装備、スキル構成を目指して下さい。動画を見て頂ければ分かると思いますが、火力職に引けをとらない高火力退魔ABを育成することができるのです。
 
■ MEを取らない理由
 MEとは「愛」です。愛だけでは効率は出ません。特にLv110以上になってくると、明らかな火力不足を感じてきます。私はMEを捨てました。後悔はしていません。
 MEを習得しないとハイプリーストスキルを多く習得できます。SW10 サンク7 メディタ10 の3つはジュデックス型の必須スキルです。必ず習得しましょう。ジュデックス型はSP消費がかなり激しいためメディタ10は便利です。SWは瞬発力のある防御手段。サンク7は強敵戦用です。
 MEとジュデックスは一見相性が良いように感じますが、、ME展開後にジュデックスで殲滅する方法より、オラティオ詠唱後にジュデックスを連打するほうが効率は良いです。以前はME-ジュデックス追撃型っていうのも考えましたが微妙過ぎます。よほどMEに思い入れがある人以外はME-ジュデックス追撃型は止めておきましょう。

【RR化後のMEについて】(RR後でMEは通用するのか!?検証してみました。)

■ アドラムス取らない理由
 アドラムスは審判セットがなければ弱いです。私の装備で打ってもジュデックスに毛が生えたようなダメージが出るだけで大したことはありません。アドラムスはアーティファクト装備で固めてこそ真価を発揮することを頭に入れておいてください。
 アドラムスを取らないと、エウカリ(ダメージ20%up)・オラティオ(ダメージ50%up)の火力補助スキルを習得できるようになります。ただのジュデックスは弱いです。これらの火力補助スキルを揃えなければ動画のような火力は出ません!RR化後の美味しい敵は、みんな高いHPを有しています。それらの敵と互角に渡り合うためには補助スキルが重要なのです。






■ ステータスについて

 ジュデックス型ABは各ステータスの恩恵を100%活かせる型のため、どうしてもバランス型になる傾向があります。バランス型のため、どうしても大器晩成が強いられます。そのため序盤は弱いのが難点。しかし後半からの強さの伸びはピカイチで、後半になればなるほど強さと汎用性、機動力の高さを実感できるでしょう。

 【ステータス解説】(第一教区が誇る最強のステータス解説。他職も参考になる…らしい?)

■ 画像01:Lv145_AB ステータス例
ステータス


STR
 ■ STR の効果
  ・1上がる毎にATK+1(弓系以外)
  ・5上がる毎にATK+1(弓系)
  ・1上がる毎に最大積載量+30
  ・10上がる毎に武器ATKにボーナス

 ■ STR の利点
  □ 最大積載量が増加しアイテムを多く持てる。

 ■ STR の解説
 まぁ、STRは初期値の1で十分でしょう。


AGI
 ■ AGI の効果
  ・1上がる毎にFLEE+1
  ・5上がる毎にDEF+1
  ・1上がる毎にASPD上昇(影響大)
  ・出血・睡眠の耐性

 ■ AGI の利点
  □ 高Flee✕キリエ=高機動力 ⇒ 索敵能力増加、事故死の低減、位置ズレ防止
  □ 高Aspd✕アイシラC効果発動=超速ジュデックス ⇒ 高密度の範囲殲滅力

 ■ AGI の解説
 高Fleeとキリエの効果が相まって、狩場をヒットストップなしで歩き回れます。高Aspdにすることでモーションディレイが減りジュデックスの連打速度が飛躍的に上がります。アイシラc効果と高Aspdが揃うとジュデックスの高速連打が可能になり秒間火力が恐ろしいことに。AGIは補正込み100にすることで睡眠・出血の完全耐性を得ることができます。AGI目標値は素84。job補正と速度増加で+16されるため、補正込み100が達成できます。

 【AGI支援のススメ】(支援もAspdは大事!)
 【タナトス9階 AGI支援考察】(高Aspdで神速ABを目指せ!棚9Fを例に解説。)
 【ステータス解説】(AGIの項目にジュデックスのモーションキャンセルについて記載。)



VIT
 ■ VIT の効果
  ・2上がる毎にDEF+1
  ・5上がる毎にMDEF+1
  ・1上がる毎にMHP+1%
  ・1あがる度にHP回復アイテムの回復量+2%
  ・5上がる毎にHP自然回復量+1
  ・スタン・毒・猛毒の耐性

 ■ VIT の利点
  □ 最大HPが高い ⇒ より多くの敵を抱えて倒せる。
  □ 高HP ⇒ 高耐久力 ⇒ 首の皮一枚でも生への可能性が生まれ、緊急下での思考時間を助長する。

 ■ VIT の解説
 最大HPは高いほうが良いです。HPが高いと敵を抱えられる数が増えるため、多くの敵を同時に倒すことができExp効率が向上します。事故死のリスクも低減するため多く振りましょう。序盤のLv100は30~40程あれば良い。中盤~終盤にかけて集中的に振っていき、最終的には素95を目指す。job補正で+5されるため補正込みで100になります。VITを補正込100にするとスタンへの完全耐性が得られるため非常に有用。


DEX
 ■ DEX の効果
  ・1上がる毎にASPD上昇(影響極小)
  ・1上がる毎に詠唱時間が短くなる(影響大)
  ・1上がる毎に魔法が与える最低ダメージが上昇する(影響大)

 ■ DEX の利点
  □ 高DEX✕詠唱短縮装備✕アイシラc効果 = 超速詠唱 ⇒ ジュデックス超速連打が可能
  □ 最低Matkの底上げ = ダメージのブレがなくなり確殺数が安定する。

 ■ DEX の解説
 詠唱速度が上がる。ジュデックスの連打速度に関してはアイシラcが発動しちゃうとDEX10~20の差はほとんど関係なくなり、キャラ性能より指の連打性能が大事に。せっかく高DEXのキャラ持ちなのに頑張って連打しないようじゃ宝の持ち腐れ。支援兼任の方は、Matk装備⇒支援装備に切り替えてから支援して下さい。支援したいからDEX寄りのステータスにするっていうのは正直オススメしません。無駄です。
 最低Matkも上昇しますが、DEX値は詠唱速度で決めること。詠唱速度をある程度確保したら最低Matkは必然的に高くなります。そうやって考えましょう。
 DEXは素80がオススメ。それ以上もそれ以下も微妙。更に詠唱速度を高めたければ装備で上げること。


INT
 ■ INT の効果
  ・1上がる毎にMATK+1
  ・7上がる毎にMATKボーナス
  ・1上がる毎にMDEF+1
  ・1上がる毎に詠唱時間が短くなる(影響小)
  ・1上がる毎にMSP+1%
  ・1上がる度にSP回復アイテムの回復量+2%
  ・6上がる毎にSP自然回復量+1

 ■ INT の利点
  □ 高INT✕高Matk✕高BaseLv = 高火力ジュデックス
  □ 詠唱時間短縮 ⇒ 低レベル時の詠唱ブースト。
 
 ■ INT の解説
 序盤のLv100までに補正込み119or126を目指す。Lv120までに補正込み140or147を目指せば良い。なんでかってLv120以降にINTを上げるってなると効果が薄すぎてキャラのLv上げにやる気が無くなります。INTは序盤で完成させるのが魔法職の基本。Lv120以降はAGI,VIT,DEXをゆっくり完成させていくっていうのがベター。


LUK
 ■ LUK の効果
  ・3上がる毎にATK+1
  ・3上がる毎にMATK+1
  ・3上がる毎にHIT+1
  ・5上がる毎にFLEE+1
  ・3上がる毎にCri+1
  ・10上がる毎に完全回避+1
 ■ LUK の利点
  □ 余ったステータスポイントの有効活用

 ■ LUK の解説
 まぁ、LUKは初期値の1で十分でしょう。





◇ スキル構成について

 □ 第一教区が考えるスキル構成例

  ■ ジュデックス型(ソロ傾向が高い人向け) ■
【ジュデックス型ABスキル構成(ソロ)】

  ■ ジュデックス支援型(PT支援もこなす人向け) ■
【ジュデックス型ABスキル構成(PT)】

 上記は「すきるしみゅれーた」様へのリンクとなっております。安心してクリックして下さい。以前にもスキル例を挙げましたが、オラティオ・エウカリの強さを考慮して少し改良しています。ぜひ参照してみて下さい。
 以前にオラティオ・エウカリの強さを考察しました。是非ご覧下さい。⇒⇒⇒【オラティオ・エウカリ考察】

 2013年夏での現状としては亀島最下層でオーディン神殿02層を上回るExp効率が出せるため、エウカリスティカの優先度は下がった。何も未修得でも大丈夫って話ではなく、確殺数で修得Lvを下げるのがベストという話。私のABだとエウカリLv10⇒6に落としてもプルス&スコグルの確殺数は6発と減らない。そのため少し削っても大丈夫って判断。さすがにロリルリや深淵の騎士だと確実殺数+1発されるが、そこまで効率が落ちるわけでもない。
 エクスピアティオLv5とグロリアLv3は併用も可能だが、互いに持続時間30秒と短いためどうしても使用タイミングが被ってしまうのが難点。プレイヤーの環境次第だが、グロリアを未修得にして 少しメディタを削って アスムプティオLv5を修得するのも面白い。
 極まったほうが好きな人はジュデックス型のスキル構成がオススメ。PT支援もやりたい!って人はエクスピアティオLv5修得を含めたジュデックス支援型をオススメする。上記のように少し崩してオリジナルのスキル構成にするのも良いだろう。




◇ プリースト/ハイプリースで習得すべきスキル

■ キリエエレイソン Lv10 (kyrie Eleison)
□ 重要度 ★★★★★
 高Fleeとキリエは相性抜群。狩場をヒットストップ無しで動き回れる高い機動力を得られる。SWとバックサンクは強力だが、キャラの位置ズレで台無しになる危険がある。原因はヒットストップだが、これを防止or修正できるのがキリエ最大の強み。

■ セイフティーウォール Lv10 (SW:safety wall)
□ 重要度 ★★★★★
 SWは詠唱時間500msでスキルディレイなしのため、瞬発力のある防御手段として活躍する。SWLv10だと耐久度が16000。使用者の最大SPが4000だと耐久度は16000+4000で20000となる。そう聞くと強力なスキルのように思えるが、防御回数が12と設定されているため、大体の場合で耐久度よりも防御回数の超過でSWは消えてしまう。深淵の騎士など一撃が重い敵との交戦で使用するのがベター。敵の数が多く被弾回数がどうしても多い状況ならばバックサンクを選んだほうが良い。ニブルヘイム2層などで敵を大量に釣ってしまった時などは、SWとバックサンクを両方展開すると思いのほか善戦できたりする。
 
■ サンクチュアリ Lv7-10 (sanctuary)
□ 重要度 ★★★★
 サンクチュアリは詠唱時間が長い。瞬時に2セル空けて置くことが求められる。キャラが位置ズレしていないこと。と使用条件がかなり難しい。しかしバックサンクを置くことに慣れてしまうとこんなに良い防御手段はないって思うようになる。バックサンクに慣れてしまうと大体の苦しい状況は打開できる。キャラの立ち位置がズレている場合は、キリエで立ち位置を再調整すれば良い。慣れてくると位置ズレしていてもバックサンクを感覚で置けるようになってくるが、あくまで勘に頼り切るカタチになるためソロプレイ時の遊び程度に済ませること。
 SWの項目でも書いたが、強い一撃を入れてくる敵にはSWに劣る。しかしバックサンクで常に最大HPをMAXに維持しておける状況であるならば、あとは好みの問題になる。バックサンク中にSWを併用すると敵を抱えられる量が一気に増えるが過信は禁物。ただバックサンクは先掛けするものなので、使用タイミングがオラティオと被り相性が悪い。一気に倒しきる場合はオラティオ先掛け。持久戦に持ち込む場合はバックサンクと使い分けたいところ。逆に両方使えば一段階上の敵とも交戦可能。

 オラティオバックサンク⇒SWジュデックス連打!!SW更新orハイネスヒールジュデックス連打!!

 これが私の最強ルーティーン。みんなも使ってるよね?(笑


■ メディタティオ Lv10 (Meditatio)
□ 重要度 ★★★★
 MEとらなければメディタLv10は修得できる。絶対にとること。Lv10習得時 最大SP10%増加、自然SP回復量30%増加、ヒール回復量20%上昇と、ジュデックス型ABにとっては良い事だらけ。
 ジュデックス連打はSPをとても消耗する。序盤はタムラン狩りですらSP切れを起こす。SP管理のせいでExp効率を意図的に下げて狩るのも面白くない。ジュデックスに特化するならメディタLv10は修得するべき。コルセオ連打で遊んでも容易にSP切れを起こすことはなくなるため、支援でも有用?(笑






◇ アークビショップで習得すべきスキル

■ ジュデックス Lv5 (Judex)
□ 重要度 ★★★★★★★★★★★…(ずーっと続く)…★★

 ・変動詠唱時間 2000ms
 ・固定詠唱時間 0ms
 ・スキルディレイ 0ms
 ・ダメージ倍率 600%
 ・消費SP 32
 ・射程 7セル
 ・範囲 3x3⇒9セル

 ジュデックス型ABのメインウェポン。元々は大したことのないスキルだが、適したステータスや装備、強化スキルを極めれば、20,000以上の範囲攻撃を秒間2発撃つことが可能。スキルディレイは0msとなっているが、モーションディレイの影響をもろに受けるためAspdを上げる必要がある。


■ オラティオ Lv10 (oratio)
□ 重要度 ★★★★
 ソロ傾向の高い退魔型ならLv10習得必須。ジュデックスのダメージが +50% されるため序盤の威力増強にはもってこい。Lv10で成功率が90%になるので、他スキル前提のLv5だと成功率が低いため「使えないスキル」に格下げ。ソロ傾向が強い人はLv10習得。PT志向が高い人はLv5にして、エクスピアティオLv5を習得する方が良い。
 オラティオは「高いHPを有する敵」や、「聖属性が有効ではない敵」を相手にする場合に強さを発揮する。逆に闇or不死属性でHPが低い敵の場合だと逆に狩り効率が悪くなるだけ。例えばプルス&スコグル程度なら必要ない。深淵の騎士やロリルリ、ネクロマンサーなどの闇or不死属性だけどHPが高い敵にはオラティオをいれた方が良い。亀島最下層の忍者タートルズはHPは低いものの風属性であるため、テンポ良く倒したいならオラティオは必須。
 このスキルは壁越しでも効くため安全な位置からの先掛けが出来る。有効範囲が広大なため画面外の敵にもかけられるのも大きな特徴の1つだろう。

 【エウカリ&オラティオ考察】(スキルの検証&考察!強いスキルってことが分かります。)

■ エウカリスティカ Lv10 (eucharistica)
□ 重要度 ★★★★
 不死/闇属性に対して魔法ダメージ+20%/ダメージ10%軽減されるパッシブスキル。このスキルはツリーの最奥部にあるため、どうしても修得がLv110以降になってしまうのが難点。ダメージ+20%の恩恵は大きいが、耐性10%アップは正直無いようなもの。
 現状だと亀島最下層が最も効率が出るため必要性は以前よりは少ない。しかし亀島最下層での狩りが安定するまでは闇or不死を相手にすることが多いため修得を薦めたい。

■ エクスピアティオ Lv5 (expiatio)
□ 重要度(PT時) ★★★★★ 重要度(ソロ)★
 PT需要があるスキル。30秒間 対象の除算DEFを無視できる。使用タイミングがグロリアと被るため、グロリアが活躍しなくなった。索敵時に戦闘の予感がしたら火力職に先掛けすれば良い。アローストームだと40k⇒47kぐらい威力が変わってくる。ただジュデックスABソロだと全く使わない。支援もしたい人はエウカリかオラティオを削って修得することになる。






◇ 装備について

 ジュデックスABは総合力で戦う型です。

 ① 詠唱中断防止(フェン、オルレアン制服、愛しさの欠片など)
 ② Matk増強(Matk+◯,+◯%アップ系)
 ③ 詠唱短縮 (詠唱◯%カット系)
 ④ 高耐性(各種族耐性c、レイドcなど)

 上記の4つを自分にあったバランスで組み合わせることが重要。ナンバーワンな組み合わせは存在しないため、自分の戦闘スタイルに合わせてオンリーワンな装備の組み合わせをつくることが大事。第一教区ではオルレアンセットを推奨しているが、装備のレアリティーを考えると万人が手に入れられる装備ではない。既にオルレアンセットが完全解ではないのは第一教区読者にとって周知の事実。当装備解説は、自身にとって最良になるであろう組み合わせを考えだすための参考資料として扱って欲しい。


  【 ■ 画像02:Lv145_AB 装備例 】
soubi.jpg

■ 詠唱中断防止装備
 
 まずはこの項目。Matkとか詠唱短縮とか考える前に詠唱中断をどうにかしなければジュデックス狩りは成立しない。

① 愛しさの欠片
② オルレアンの制服 ⇒ [組合せ] オルレアンのネックレス
③ フェンc  ⇒ [組合せ] イクトゥスのロザリオ

 上記の3つが現状で最良装備。高価であるが右記の組合せ装備と併用したい。下記のそれぞれの解説を載せる。

■ 愛しさの欠片 - 頭(下段)部位
 ゲーム内産出が無いため、引退者が増えるほど流通量は減っていき入手難易度は高くなっていくだろう。現状ではそうとうな金額を出さなければ購入することは難しい。強力な装備であるため、目先の利益で現行プレイヤーが手放すのも考えにくい。SP消費量+15%というデメリットも在るが、頭(下段)装備で詠唱中断防止の効果が得られるのは大きいメリット。デメリットが少なくセット装備もないため、装備の自由度が高いのも大きな特徴。

■ オルレアンの制服 - 鎧部位
 オル服の最大のメリットや値段が安いこと。それとフェンc単体使用と比べて詠唱ペナルティが10%少ない点が挙げられる。装備が全くない人はオル服を着ることから始まる。元々ME型だった人はフェンクリップ&スピリチュアルリング装備だと思うので、イクトゥスのロザリオを買い足して上記③のセット装備にすることをオススメする。買い足すお金がない人はやっぱりオル服。フェンc単体はよりは遥かにマシだろう。
 装備箇所が服というのが最大のデメリット。服はホーリーローブやDローブといった強力なオプションの付いた良装備がたくさんあるため、ここの部位をオル服で埋めるのは勿体無く感じてしまう。しかしオルレアンのネックレスを所持しているなら話は別。セット効果で考えれば装備部位のデメリットを相殺かつ上回る程の高い効果が得られる。ただオルレアンセットは装備の自由度がない。新たな優良装備が実装されてもセットが崩せないのがデメリット。セットを少し崩すのもアリだが…?

■ フェンc - アクセサリー部位用カード
 これを単体で装備するならオル服を着たほうが良い。しかしイクトゥスのロザリオを持っているなら話は別。終盤まで活躍する最終セット装備に化ける。ただフェン&イクトゥスを使う場合は詠唱時間がネックになってくる。アイシラcや高Aspdを確保してジュデ連射性能を高めておきたいところ。しかし装備やステータスが揃っていない序盤はモーションカットが成功しやすい傾向にあるため、案外ジュデックス連射は早かったりする。
 ディバインクロス、フェンクリップ、スピリチュアルリングを装備していたME型だった場合、イクトゥスのロザリオを装備するだけで簡単にジュデックス装備が揃ってしまう。序盤であればあるあ程、安価で運用しやすいイクトゥスの存在は輝く。7月のモバイルラグナロクの景品だったため現状入手難易度は低い。是非手に入れたい逸品。


■ 頭(上段)装備

■ バルーンハット[1]
 精錬値が高くなるほど詠唱時間が短縮される。入手イベントがあったため入手難易度はそれほど高くないだろう。主力装備として扱うなら+7精錬にしたいところ。+7を手に入れた場合、アイシラcを挿してソロ用にするか、カトリcを挿して無詠唱PT装備にするかで悩む…。よく熟考した上でカードを挿そう。青ABによく似合う。

■ 豪華なミニクラウン
 +7にするとMatk+6%、消費SP-3%、ヒール系回復量+3%、INT+1、固定詠唱-3% と様々な効果が得られる面白い装備になる。装備というものは何かに特化すべきだが、こういう装備も面白いと思う。もし固定詠唱短縮ではなく変動詠唱短縮効果ならば最強装備の一角であったかもしれない。赤ABによく似合う。

■ スカルキャップ[1]
 +7精錬でMatk+7%されるため強い。コストパフォーマンスが良いとは言い切れないが長い間最強の座に居続けた優秀な装備。ダイアデムさんとは一体何だったのか…?と思わせた時代があった気がする。+7豪華なミニクラウンと+1%しか違わない!って思う人もいますが、1%の差で妥協し続けると強い人との差がどんどん離れていってしまう点に注意。ここで妥協するかしないかが廃人と一般の差。あなたはどちらでしょう?(笑 現在は「ゲルハルト・フォン・デビルチ83世」という上位互換装備が生まれたため値下がりしている…らしい。黒ABによく似合う。

■ 古代の金装飾[1]
 私が愛する装備。見た目が好き。Matk+8%と+7スカルキャップの上位互換として君臨していたが、前述したゲルハルトに負けてしまった。しかし、全てのステータスが+2されるのと、ヒール系回復量が+7%されるため強い装備であることに変わりはない。スカルキャップやゲルハルトとは違いゲーム内で入手可能なため産出はされ続けるだろう。この衣装装備が出たらちょっとガンホー恨んじゃう(笑

■ ゲルハルト・フォン・デビルチ83世[1]
 INT素120ならばMatk+10%されるため、現状最強装備。これを持っていればしばらくは上位互換は現れないはず。

■ 茨のヘアバンド
 +7精錬ならば、火・水・風・地属性の敵に対して魔法ダメージ+20%される。闇or不死属性以外を相手にするときに重宝する装備で、亀島最下層で最高効率を出したいなら是非手に入れたい。ジュデックスは基本的に闇or不死属性を相手にするためメイン装備には成り得ないが、サブ装備として持っておくと便利。見た目には好き嫌いがある。衣装装備で誤魔化そう。

■ 頭装備に挿すカードについて
 基本的にはアイシラc一択。アイシラcは「魔法攻撃時一定確率で 5秒間 変動詠唱-50%&Flee+30」されるという強力な効果を持っているため、現状だとこれ以外を挿すメリットはない。この効果と高Aspdが合わさった時、超高速ジュデックス連打が可能となる。連打し過ぎて腱鞘炎になる可能性もあるので注意が必要。


■ 頭(中段)装備について

■ マジカルブースター
 Matk+3%と+10SOPとの組み合わせが最強。+10SOPを所持しているならば、他の装備は全て下位互換。高価ではあるが入手難易度は低いためマジカルブースター&+10SOPのセットは早めに揃えておくこと。


■ 頭(下段)装備について
 
■ イクトゥスのロザリオ
 ヒール系回復量+3% フェンカードと併用すると詠唱時間-15%、更にヒール系回復量+2%される。ジュデックス型ABは常に詠唱中段防止装備をつけなければならないので、この装備の登場で常時フェンc装備という新しい選択肢が生まれた。詠唱中段防止装備については後述する。
 スマートフォンが普及する中でガラケー専用サイトのモバイルラグナロクでしか入手できない。入手難易度は高め?
【イクトゥスのロザリオについて】(イクトゥスの使用例が載っています。)


■ 長い舌
 現状最強装備。Matk+2%と詠唱-3%がついている。見た目が悪いので衣装装備で誤魔化すと良い。



■ 武器について

■ +10スタッフオブピアーシング
 +9以下のSOPと+10SOPでは別の武器にカテゴライズされても良いっていうぐらい強さが違う。そのため敢えて「+10スタッフオブピアーシング」と記載した。+10SOPとマジカルブースターを組み合わせることでMatk+50、詠唱-10%の効果が追加されるため、現状最強装備。
【+9茨と+10SOPの武器考察】(+10SOPの考察も載っているので参考に。)

■ +9以下 スタッフオブピアーシング
 精錬ギャンブル用で買うなら良い。実用装備として買うなら微妙。マジカルブースターを持っていれば買っても良いだろう。

■ 茨の杖
 精錬値×1.5%でスキルディレイがカットされる。スカルキャップや茨のHBをもっているなら選択の余地はある。

■ ディバインクロス
 駆け出しの退魔ABにオススメの杖。フェンクリップ&スピリチュアルリング&イクトゥスのロザリオを組み合わせれば結構強い。タムランやバンシー程度なら問題なく狩れるが、上位狩場を目指すとなると火力不足になる。出来れば早いうちに+10SOPを手に入れたい。
【イクトゥスのロザリオについて】(イクトゥスとの併用でディバインクロスを使ってみよう!!


■ アクセサリーはどうするの??

 この空いたアクセサリー欄をどう埋めるか?大体2択になってくるのですが、、
オルレアンセット(オルレアンの制服/オルレアンサーバー/オルレアンの手袋/オルレアンネックレス)
W_Sign & 愛しさの欠片orオルレアンの制服
③ スピリチュアルリング&クリップ

 ① の方は私も愛用しているので何の迷いもなくオススメできます。ただオルレアンネックレスの入手難易度がとっても高いのがネックです。私の場合はすっごく運が良かったためスカラバc差しの完成品を安く手に入れることができましたが…。

 ② オルレアンネックレスの入手難易度を考えると、W_Singのほうが良いのかもしれません。オルレアンセットに並ぶ火力upも期待できます。ただ詠唱妨害阻止の効果を得るために愛しさの欠片を入手できるかどうかで、また話は変わってきます。オルレアンセット無しでのオルレアン制服は微妙すぎます。愛しさの欠片と比べると、どうしても下位互換になってしまうため、気分の良い装備ではないですよね…。

 ③ はどうしても現状①②の装備がないって人用です。あとはディバインクロスを装備していればMatk+10%の強力な効果がつきます。

■ 杖はどうするの??

 杖に関してはMEABから引き継いじゃって大丈夫です。+10SOP&マジカルブースターや、+7茨&スカルキャップなどの高Matk杖を使っていきましょう。過去にディバインクロスを使ってジュデックス狩りをしているのですが…というコメントを頂いたことがあります。ディバインクロスって強いんですよ。過剰精錬すればMatkもすごく上がるしスピリチュアルリングとの兼ね合いで威力+10%の効果もあります。スロット付き過剰精錬のものならかなり威力は高いのですが…。
 ディバインクロスを使用するならスピリチュアルリングを装備するとして、空いたもう一つのアクセ欄にはSignで埋めるなんてのはどうでしょう??そうすればダメージ+15%で結構強い気がします。Signが無いならスカラバc差しクリップで埋めるのも手です。少しだけ威力が上がります。


■ 「詠唱妨害阻止」系の装備。

 ジュデックスを連発することになるので、いちいちアクセ付け替えなんてする暇はありません。常時フェン状態でなければ狩りが成立しない点に注意してください。現状だと3つほど装備候補があります。

① フェンc差しクリップ
オルレアンの制服
愛しさの欠片

の3点が候補にあげられます。①を常時装備し続けて狩るのはテンポが悪く、ジュデックス連打が遅くなってしまいます。オルレアンの制服も可能ならばオルレアンセットを揃えて使いたいところ。愛しさの欠片は…すっごく値段が高いです。180Mzとかするんでしたっけ?並大抵の財力じゃ無理です。

■ 服に挿すカードについて
 MEAB時代に活躍したリビオcとロリルリcの両者はかなり微妙になりました。ジュデックス型ならば、属性鎧が最も安定します。闇・火・風・不凍は揃えたいところ。アガヴもオススメしたいところですが、RR化以降 属性攻撃が痛すぎるので使う機会は無いかもしれません。






◇ 狩場について

 ブログには書いてませんが、実はいろいろソロ狩り場を探して放浪しているんです。ブログに考察文を載せるのが大変なだけなんです…。RR以降本当に狩場が増えました。MEみたいに不死/悪魔種族に縛られないってのが大きいですね。では、ちょっとずつ紹介していきましょうか。


【アユタヤ02層】 BaseExp 7~12M/h
EXP:★★★  金銭:★★★★ 適正:Lv85~Lv110
 タムランがたくさんいます。タムラン連中はトレイン時に立ち止まる癖がありますが、あんまり気にしないでゆっくりトレインしてあげてください。経験値は9kぐらいもっているので美味しいです。低レベル時は抱える量を少なめにしてちびちび狩ります。タムランは狩り慣れれば「ドルTU狩り」の効率を超えることも可能です。

【監獄01層】 BaseExp -M/h
EXP:★  金銭:★★★★★ 適正:Lv96~Lv110
 Exp効率はそれほど高くはありませんが、何より金銭効率がズバ抜けて高い。フェンダークがオリデオコンを高確率で落とすため、30分で10個とかっていうミラクルも存在します。ハンターフライも多く生息しているのでカードが出たら美味しいです。オリデオコンとハンターフライcの影にひっそりと隠れていますが、白ハーブも大量にでます。迷わず拾いましょう。

【ニブルヘイム02層】 BaseExp 18~23M/h
EXP:★★★★  金銭:★★ 適正:Lv120~Lv140
 敵のHPが高い。オラティオの先掛けが必須。戦闘時間が長くなりやすいので、敵を多く釣り過ぎた場合はバックサンクを設置しておくと安心できる。デュラハンは一発で倒せるので、ロングトレインになりそうなら倒しながら進むと良い。ロリルリの固定砲台モードが少し厄介。立ち止まったらジュデックスを一発入れると良い。

【オーディン神殿02層】 BaseExp 20~24/h
EXP:★★★★  金銭:★★ 適正:Lv115~Lv150
 ジュデックス型の最終狩場の1つ。ここで常時5~8体以上抱えて倒せるようになればジュデックスABが完成したと言っても過言じゃないです。敵のHPが低いためオラティオは必要ない、むしろ効率が落ちるので注意。プルスのFWによる進路妨害が邪魔臭い。ここでストレスが溜まるって人はニブルヘイムに行って下さい。

【亀島最下層】 BaseExp 30~35/h
EXP:★★★★★  金銭:★★ 適正:Lv115~Lv150
 第一教区が提唱するの型で、最も効率が出る狩場。オラティオばらまいてジュデックス連打!テレポができないMAPのため敵を抱えられる適正数を常に見極めて狩ること。集めすぎて圧死するのだけは阻止したいところ。オラティオが無いと戦闘時間が長引くため注意。死にそうになったらSWやハイネスで時間稼ぎすること。

【名も無き島修道院1F】 BaseExp 18~22/h
EXP:★★★★  金銭:★★ 適正:Lv115~Lv130
 ゾンビスローターを如何に早く処理するかで難易度は変わってくる。ゾンスロは真っ先に潰すこと。ラギッドゾンビは人の有無で無視して良い。バンシーはJobExpをかなり持っているため美味しい相手。修道院はキャラ視点が特殊な狩場の1つ。この俯瞰(ふかん)に慣れておくことが2Fへ行くための必修項目。この狩場はオラティオの先掛けよりもシレンティウムの先掛けのほうが有用。

【名も無き島修道院2F】 BaseExp 22~26/h(いろいろ工夫が必要。やれる人は35~50M/h)
EXP:★★★★★  金銭:★★ 適正:Lv120~Lv150
 普通に狩る分にはオーディン神殿に毛が生えたような効率しかでない。ここでは威力や短詠唱よりも耐性が強く求められる。「たくさん抱えて倒す」ことが得意な人ならオススメの狩場。第一教区に感化されればされるほど、ここでの高効率は諦めたほうが良い。修道院でWLペアして超効率を出せるような人はここでも高効率が出せる。そんな気がします。ここで高効率が出せなくても亀島なら高効率が出せるので、心を折られないように。

【グラストヘイム古城2F】 BaseExp 18~24/h
EXP:★★★★★  金銭:★★ 適正:Lv135~Lv150
 以外にも高効率がでる狩場。深淵は2体までなら抱えられるが3体以上はリスクが高いので安定性に欠ける。禿も同じく3体以上は抱えないことが鉄則。敵のHPが高いため、オラティオはなるべく先掛けしておきたい。


◇ まとめ
 ちょっと書き加えています。面倒だから書き加えていない場所も今度書きなおそうと思います。ちょっと手荒な文章でごめんね!!時間が・・・時間が欲しい・・・!!

 以上!第一教区よりお送りいたしました!!!
ジュデックス型AB のまとめ | Comments(8) | Trackback(0)
2012/12/08

エウカリ&オラティオ 考察

[RR考察] エウカリ&オラティオについて

◇ はじめに
 今回は新たに効果が強化された2つのスキルを考察していこうと思います。その2つのスキルとはタイトルで述べている通りエウカリスティカオラティオです。この2つはとても強力なスキルであり、仕様の本質を知らぬままRR化を過ごしている退魔ABも多いと思われます。ただ、この2つのスキルはスキルツリーの最奥部に眠っているため、これらをMAXLvまで修得するにはJobLv50が必須となります。どちらのスキルもダメージ増強の補助スキルです。

 本検証結果は絶対ではありません。間違っている可能性もあるため鵜呑みにしないように!!
 

◇ 検証用キャラ紹介
 今回の検証用キャラは下記の通りです。ダメージをなるべく安定させたかったためINT&DEXを120まで振ってみました。装備に関しては、現状私が装備できる最強装備をつけています。


■ [画像_01]:検証用キャラクター。INT&DEXを極振りしダメージの安定化をはかる
JX_01_status2.jpg

◆ 検証用装備

頭_上段: +7 マジックアイズ
頭_中段: マジカルブースター
頭_下段: 真紅の薔薇

武器: +10 スタッフオブピアーシング
盾: +4 オルレアンサーバー (各耐性c挿し)

体: +4 オルレアンの制服 (ロリルリc、リビオc、各属性c挿し)
肩: +4 聖なるケープ (レイドリックc挿し)
靴: +4 審判の靴

アクセ1: オルレアンの手袋 (スカラバカード挿し)
アクセ2: オルレアンネックレス (スカラバカード挿し)


◇ 被験体モンススター

【名前】 レイス
【Lv】 74
【HP】 9,427
【MDEF】 10
【属性】 不死4
【種族】 不死

 なぜレイスかというと、
① 聖属性攻撃が200%効く
② MDEF10 と弱い
 という理由が挙げられます。簡単に言うと、分かりやすい数字が欲しかったので高ダメージが最も期待できる敵を選びましたってだけです(ノ´∀`*)


◇ エウカリスティカの考察

◆ スキル詳細
【概要】
  ・不死属性と闇属性の対象に対する攻撃力が増加し、受けるダメージが減少する。
【内容】
  [Level1] :不死属性、闇属性に対して/物理攻撃力+3%/魔法攻撃力+2%/受けるダメージ-1%
  [Level2] :不死属性、闇属性に対して/物理攻撃力+6%/魔法攻撃力+4%/受けるダメージ-2%
  [Level3] :不死属性、闇属性に対して/物理攻撃力+9%/魔法攻撃力+6%/受けるダメージ-3%
  [Level4] :不死属性、闇属性に対して/物理攻撃力+12%/魔法攻撃力+8%/受けるダメージ-4%
  [Level5] :不死属性、闇属性に対して/物理攻撃力+15%/魔法攻撃力+10%/受けるダメージ-5%
  [Level6] :不死属性、闇属性に対して/物理攻撃力+18%/魔法攻撃力+12%/受けるダメージ-6%
  [Level7] :不死属性、闇属性に対して/物理攻撃力+21%/魔法攻撃力+14%/受けるダメージ-7%
  [Level8] :不死属性、闇属性に対して/物理攻撃力+24%/魔法攻撃力+16%/受けるダメージ-8%
  [Level9] :不死属性、闇属性に対して/物理攻撃力+27%/魔法攻撃力+18%/受けるダメージ-9%
  [Level10]:不死属性、闇属性に対して/物理攻撃力+30%/魔法攻撃力+20%/受けるダメージ-10%

【検証結果】
  [Level 0] damage_ave: 17710
  [Level 1] damage_ave: 18046
  [Level 2] damage_ave: 18418
  [Level 3] damage_ave: 18819
  [Level 4] damage_ave: 19008
  [Level 5] damage_ave: 19662
  [Level 6] damage_ave: 19906
  [Level 7] damage_ave: 20119
  [Level 8] damage_ave: 20601
  [Level 9] damage_ave: 20813
  [Level 10] damage_ave: 21272


■ [画像_02]:ジュデックスLv5 で与えられるダメージ(エウカリスティカ未修得
JX_01_damage02.jpg


■ [画像_03]:ジュデックスLv5 エウカリスティカLv10 で与えられるダメージ
JX_01_damage01.jpg


【結果について】
 INT&DEXを可能な限り最大に振ったため、かなりダメージが安定しているように見えていました。しかし試行回数が10回とかなり少なかったため上昇値にバラつきがあります。しかし未修得とLv10とを見比べると平均ダメージがおおよそ20%増えています。このエウカリスティカというスキルの魔法攻撃力+◯◯%という効果(係数)は、もしかするとダメージ計算式の一番最後に追加されているのかもしれません。まだまだ検証が甘いのでなんとも言えませんが、大体最終ダメージが+20%されると考えても良さそうです。
 エウカリスティカはパッシブスキルのため、スキルをかけ直す必要がありません。その点が最たる強みと言えます。単純にダメージが+20%追加されるようになるスキルのため、退魔型ABを目指すなら修得しないわけにはいかないでしょう。第一教区としてはLv10修得を推奨します。エウカリスティカは予想以上に強いです。スキルツリーを考えた時に修得がかなり困難ですが、取る価値は十二分にあります。

【まとめ】
 ・闇&不死属性に対する魔法ダメージ量が、最大で+20%される。
 ・パッシブスキルなので持続時間などの概念が無く運用しやすいスキル。
 ・スキルツリーの最奥部にあるため修得しづらい。



◇ オラティオの考察

【概要】
 範囲内にいる全ての敵の聖属性の耐性を減少させる。

【内容】
  [Level 1]: 効果範囲37x37/効果時間30秒/成功確率45%/聖属性耐性-5%
  [Level 2]: 効果範囲37x37/効果時間30秒/成功確率50%/聖属性耐性-10%
  [Level 3]: 効果範囲37x37/効果時間30秒/成功確率55%/聖属性耐性-15%
  [Level 4]: 効果範囲37x37/効果時間30秒/成功確率60%/聖属性耐性-20%
  [Level 5]: 効果範囲37x37/効果時間30秒/成功確率65%/聖属性耐性-25%
  [Level 6]: 効果範囲37x37/効果時間30秒/成功確率70%/聖属性耐性-30%
  [Level 7]: 効果範囲37x37/効果時間30秒/成功確率75%/聖属性耐性-35%
  [Level 8]: 効果範囲37x37/効果時間30秒/成功確率80%/聖属性耐性-40%
  [Level 9]: 効果範囲37x37/効果時間30秒/成功確率85%/聖属性耐性-45%
  [Level 10]: 効果範囲37x37/効果時間30秒/成功確率90%/聖属性耐性-50%


【検証結果】
 ちょっと簡単ですが画像で簡単に説明していきます。


■ [画像_02]:ジュデックスLv5 で与えられるダメージ(オラティオ未修得)
JX_01_damage02.jpg

■ [画像_04]:ジュデックスLv5 オラティオLv5 で与えられるダメージ
JX_01_damage03.jpg

■ [画像_05]:ジュデックスLv5 オラティオLv10 で与えられるダメージ
JX_01_damage04.jpg


【結果について】
 上記3つの画像をご覧下さい。オラティオによるダメージ増加の凄さが分かるはずです。聖属性耐性-50%とスキル内容には記載されていますが、分かりやすく書くと聖属性攻撃(物理/魔法) によるダメージ+50%ということです。30秒間継続する、聖属性ダメージ限定の1.5倍レックスエーテルナのようなものなので、戦闘前にオラティオを使うことで強力なダメージを与えることが出来ます。
 範囲が37x37となっています。ちょっとイメージし辛いですがディスプレイ全体より少し広いぐらいと考えておけば大丈夫でしょう。しかも崖などの障害も貫通するため、うまく使えばより戦闘を有利にすすめられます。
 スキル成功率という記載があります。読んで字の如くLv10修得時でも10%の確率で敵がオラティオ状態にかからないときがあるということです。オラティオは詠唱が長いため、できれば2度目の詠唱は避けたいところです。

【まとめ】
 ・全ての敵に効く。聖属性攻撃(物理/魔法)によるダメージが最大で+50%される。
 ・スキルに成功確率がある。詠唱の長さを考慮した場合 Lv10修得推奨。
 ・効果範囲が37x37と広範囲である。崖などの障害物を貫通する。



◆ エウカリスティカとオラティオを併用すると?

■ [画像_06]:ジュデックスLv5 エウカリスティカLv10 オラティオLv10 で与えられるダメージ
JX_01_damage06.jpg


■ [画像_07]:ジュデックスLv5 エウカリスティカLv10 オラティオLv10 レックスエーテルナ
JX_01_damage07.jpg

 エウカリスティカLv10とオラティオLv10を併用すると、下手なアドラムスより高いダメージを与えることが出来るようになります。さすがにLAを常時いれるなんてしませんが、それでも最大ダメージが60k以上いくのは頼もしい限りです。エウカリとオラティオの最大Lv修得はかなり難しいです。ジョブレベル50がほぼ必須なためです。しかし、それぞれを別個にLv10習得したAB同士でペアを組むことで、それらの問題点を解決することができます。今までは退魔ABと支援ABでペア狩りすることはネタっぽかったですが、RR化以降は本気で高効率を狙うことが出来るでしょう。


■ [画像_08]:ニブルヘイム02層 ジュデックス狩り
JX_01_damage08.jpg


■ [画像_09]:騎士団02階 ジュデックス狩り
JX_01_damage09.jpg



■ [画像_10]:ME最大?出力(おまけ)
JX_01_damage10.jpg


 上のME画像を見て目を輝かせた貴方。MEを今でも愛している読者の方のみ、更なる高みへ目指してみてください。第一教区の調べでは、まだまだダメージは上がります。伸び代としては高級戦闘薬、INT上昇料理などです。あえて本当の最大出力は載せません。だって載せたら冒険が終わっちゃうじゃないですか(ノ´∀`*)あはは。


◆ 本考察のまとめ
 エウカリスティカLv10とオラティオLv10の考察はいかがでしたでしょうか??公式HPに載っているスキル内容では、正直効果が分かりづらいですよね(ノ´∀`*)アセアセ そのため今回は画像つきでスキルの紹介をさせていただきました。本考察でジュデックス型が、より一層脚光を浴びれればと思います。
 本当にスキルポイントが足りない!!この両スキルをLv10まで修得してしまうとハイネスヒールLv5を覚えることができないのが本当に残念でなりません。ハイネスLv5だけではありません。シレンティウムもクリアランスも修得できません。そのため支援型であると少々手が出せないスキルだと思われます。
 次回からは要望の多いであろうステータス解説のRR改訂版や、狩場考察あたりを書いていこうと思います。

 以上!第一教区よりお送りいたしました!!(ノ´∀`*)マッタネー!
 

エウカリ&オラティオ 考察 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

ROサイトマスコット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。