blog_title7.jpg
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/09/13

[狩場情報] [PT] 名も無き島 修道院3F

[狩場情報] [PT] 名も無き島 修道院3F

◇ はじめに

 今回の考察はタイトルの通りPTプレイ編となります。今までは「MEでの攻撃的な動き方」「大人数PTでの支援の要としての動き方」を考察してきましたが、本編は「ペアにおける守備的な動き方」について書いていけたらと思います。アークビショップは多彩なプレイスタイルを持つ職だということを再認識させられますね(*´∀`)。
 強力な不死種族モンスターであるネクロマンサーが大量に巣食うこの修道院3Fでの狩りは、時に真夏の驟雨のように激しい展開になることが予想されます。装備はもちろんステータスやプレイヤースキルなども熟考して挑まなければ、すぐに追い返されるでしょう。様々な展開に対応できるように、装備・ステータス・テクニックを考察していきます。
 PT編成はウォーロック(以下:WL)とのペアとなります。戦う相手は違えど、大昔に流行した時計Dのハイオーク狩りと大きな差異はありません。基本は昔のスタイルを踏襲しているので懐かしさを覚える方も多いでしょう。守備・支援役のABが前を走って敵を集めて、攻撃役のWLによる大魔法で殲滅していくオーソドックスなスタイルで狩りは進行していきます。しかしネクロマンサーは一筋縄にはいきません。高レベルになればなるほどゴリ押しでどうにかなりますが、低レベルで挑戦する場合には本考察に出てくるテクニックを駆使する必要があるかもしれません。。
 現状 臨時広場が廃れているように感じられます。度重なる高効率イベントや拳聖によるお座り枠の増加。ソロ効率がPT効率を上回る現状。私的な観点ですが どんどんPT狩りが廃れて行っているように思えます。この考察を読んだ一人でも多くの方々が ウォーロックと共に修道院3Fを歩まれることを願っています。


◇ 第一教区推奨装備例

[武器] +9茨の杖(ディレイ13%カット)
[盾] ベアドールC 挿し +4ヴァルキリーシールド(不死耐性30%増加、不死・闇属性攻撃20%カット)
[頭] マジックアイズ(詠唱速度10%増加)
[頭_中段] 24式ボルト(不死種族耐性5%増加)
[鎧] バースリーc挿し オルレアンの制服(闇属性付与・詠唱妨害阻止)
[肩] レイドリックc 挿し 聖なるケープ(無属性耐性20%増加、不死種族耐性5%増加)
[靴] バリアントシューズ(HP・SP20%増加)
[アクセサリー] デュラハンアイ(不死種族耐性4%増加)
[アクセサリー] デュラハンアイ(不死種族耐性4%増加)

不死種族耐性 [合計]:48%

 nanashi_03_soubijpg.jpg

◇ 装備の考え方
 修道院3Fに生息している敵の8割は不死種族です。不死種族耐性のオプションが付いているカード・装備を揃えると少しは楽に狩ることができます。しかし装備の耐性だけで敵の攻撃の全てを凌ぐなんて考えは甘いです。複数のネクロマンサーを抱える際には、セイフティーウォールを何度も展開して防御に徹しなければならない場面が多いはずです。セイフティーウォールの耐久力を上げるためにも耐性装備を整えておけば問題ないと思います。
 上の装備例は一例に過ぎませんが、不死種族耐性に関しては高いほうだと言えます。より耐性を高めたい人は、頭装備をムナック帽子(不死種族耐性10%増加)にすると良いです。「愛しさの欠片」を持っているブルジョワな人は服をバースリーc差しディアボロスローブに換装することが可能になります。不死種族耐性を上げつつ、できる限り詠唱時間・ディレイをカットできる装備にすることで狩りに幾ばくかの余裕が生まれるかもしれません。
 ほとんどのプレイヤーはフェンc・愛しさの欠片・オルレアン制服に頼ることになります。複数のネクロマンサーに囲まれた状態でセイフティーウォールを詠唱することになるので、常に詠唱妨害を受けてしまう状態であると危険です。少しぐらい詠唱が遅くても問題ありません。絶対に装備しておいてください。


◇ 必要なスキル

□ セイフティーウォール Lv10 必須度★★★★
 防御の要となるスキル。これがないと自身もウォーロックも守ることが難しくなります。セイフティーウォールLv10を修得していれば、狩場の難易度がぐっと下がることでしょう。修得レベルは高レベルほど安定性が高まります。低レベルのセイフティーウォールは詠唱時間が長く耐久力が低いのでオススメはしません。複数のネクロマンサーに囲まれたときや、「致命的な傷」を負ったときに積極的に使用していきます。ブルージェムストーンを1個消費しますが白ポを連打するよりは安いのでケチるのは厳禁。もちろんウォーロックを守るためにも使用するのでいつでも放てるように意識して行動しましょう。
 セイフティーウォール使用時の注意点を1つ。このスキルはセル指定スキルであり防御領域が1セルとなっております。ROの珍現象の1つに「位置ズレ」というものがあります(サーバー上のキャラ座標と、表示されている画面の座標がズレてしまう現象)これがかなり厄介でセイフティーウォールにキャラクターが入っているにもかかわらずタコ殴りにされてしまうことがあります。そのときは、焦らずにキリエエレイソンを使用して座標位置に正しましょう。 コンセキャンセルの要領を応用したキリエ・キャンセルで抜ける手もありますが、ここではネクロマンサーが放つクァグマイヤのせいでちょっと難しいため無理はしないように。無理やり大袈裟な距離を移動してしまって敵との距離が離れてしまうとウォーロックに敵のタゲが移動してしまうのにも注意して下さい。その時は焦らずにセイフティーウォールを敷いてあげて下さい。

◆ キリエエレイソンからモーションキャンセルをして、瞬時にMHを切り抜ける方法

nanashi_03_kirie.jpg

 少しタイミングが難しいですが慣れておけばあらゆる場面で役に立つテクニックです。魔法力増強やコンセントレイションのモーションキャンセルを練習した人ならばすぐに慣れるでしょう。ただ、キリエ後のモーションキャンセルが成功した時の"引っ掛かり"が、コンセの時と比べて弱い気がします。気のせいでしょうか??


□ サクラメント Lv5 必要度★★★
 サクラメントは固定詠唱時間を50%カットすることができる超優秀スキルです。これを常時かけてあげることでウォーロックの殲滅時間がぐっと減るため、安定感がとても増します。クリムゾンロックの固定詠唱時間は1000ms(1秒)なので、これを500ms(0.5秒)短縮することが可能です。この0.5秒の短縮がどれだけウォーロックから好評を得ているかは分かりませんが、あると便利なスキルでしょう。


■ 常にかけておくべき支援魔法
・ブレッシング Lv10
・速度増加 Lv10
・キリエエレイソン Lv10
・サクラメント Lv5

■ いつでも使えるようにしておく支援魔法
・レックスエーテルナ(LA状態のネクロマンサーはクリムゾンロック1確のため)
・セイフティーウォール(多くの敵を抱えた時。ウォーロックにタゲが移ったときのため)
・ハイネスヒール(一回で大量のHPを回復できるのが魅力)
・リザレクション(できれば使いたくない)
・攻撃魔法【ヒール砲・HLなど】(ネクロマンサーのタゲを自身へ固定する)

■ いつでも使えるようにしておくアイテム
・ホワイトスリムポーション(緊急時には叩きながらウォーロックの保護を優先する)
・キュアフリー(ゾンビ化・出血・致命的な傷を治すため)
・巨大なハエの羽(緊急離脱用にあると便利。PTリーダのみ使用可能な点に注意する)


◇ 狩り方

① 敵を集める
 まずは敵を集めます。頑張ってもネクロマンサー5体ぐらいまでにしておきましょう。理想は3体です。キリエエレイソンで敵の攻撃をかいくぐって敵陣のど真ん中に突っ込んで行きましょう。前述した位置ズレに注意しつつセイフティーウォールを自身にかけて防御体制を整えます。セイフティーウォール中は死なない自信があるのなら支援魔法の更新を行なっておきましょう。敵が死ぬ直前ぐらいで自身のキリエを更新しておけば時間のロスが減ってGoodです。しかし、敵の数が多い場合はセイフティウォールの更新に努めます。セイフティウォールとセイフティウォールの間にキリエを挟むと青ジェムの消費を抑えることができますが、間に合わない場合は素直にセイフティウォールを連打してください。あとはウォーロックに間違って敵が行ってしまった場合にも冷静にセイフティウォールで守ってあげましょう。敵を少しでもトレインするなら絶対にヒール砲などでタゲ固定をしてください。
 
■「こんなに大量の敵、どうやって抱えるの!?」って思う方にアドバイス。
 ヒールを連打して抱えることを意識的にやめてください。抱える際に使うスキルは、セイフティウォールキリエエレイソンハイネスヒール回復アイテム連打となります。ネクロマンサーを複数抱えていると、致命的な傷やゾンビ化の状態異常を受けてしまうため ヒール連打で耐えることはかなり難しいはずです。セイフティウォールを使う習慣のない人は結構いると思います。いい機会なので慣れて下さい。


nanashi_03_SW.jpg


② 攻撃方法

 メイン火力はウォーロックの扱う火属性大魔法クリムゾンロックとなります。クリムゾンロックとは 宇宙に散在する巨大な隕石を術者の魔力で呼び寄せる魔法です。隕石は大気圏突入時に空気との摩擦により、高い熱量を帯びるため、対象に強力な火属性ダメージを与えます。また落下時の衝撃により周囲にも大ダメージを与えるとともに脳震盪を引き起こし、敵を一時的に行動不能状態(スタン)に陥らせます。

nanashi_03_CrR.jpg

 クリムゾンロックで取り巻きのゾンビスローターは確実に倒せますがネクロマンサーは倒せません。そのためソウルエクスパンションでトドメを刺します。ソウルエクスパンションとは念属性のダメージを与える短詠唱・短ディレイの念属性魔法です。素早く中威力のダメージを与えることから修道院3Fでは追撃用魔法として使用されています。低レベルのウォーロックならば追撃用のソウルエクスパンションを2回放つ必要性がありますが、高レベルのウォーロックにもなれば追撃はソウルエクスパンション1回で足りるようになります。あらかじめネクロマンサーにレックスエーテルナをかけておけばクリムゾンロック一撃で葬ることが可能です。ウォーロックのAspdにより取り巻きのゾンビスローターのExp・討伐数カウントがされない場合があるので、ウォーロックの方とよく相談してください。


◇ まとめ
 
 支援の立場からでしか この狩りを経験していないので、ウォーロックの人が読んでもあんまり参考にはならなそうな内容かもしれません。この狩りはテンポがすごく重要だと思います。効率を上げたければ索敵時に立ち止まって支援をかけ直すことをやめましょう。なかなか難しいですが敵を抱えて殲滅しているなかで支援魔法をかけ直すのが一番効率が良いです。ただ支援魔法がきれているなかで無理やり強引に進軍するのはスマートとは言えません。一番効率が悪いことは、決壊して再出発になってしまうことです。慎重かつ大胆をモットーに行動して下さい。

 以上!第一教区よりお送りいたしました!

 更新スピードが遅くてごめんなさい(ノ´∀`*)あせあせ
スポンサーサイト
名も無き島 修道院3F | Comments(0) | Trackback(0)
2012/09/02

[狩場情報] [PT] タナトスタワー9階

[狩場情報] タナトスタワー9階 PT狩り

2012年9月1日 カウンター:44人

な…なんとΣ(´∀`;)!!!
来客数が増えると素直に嬉しいです(笑


◇ はじめに

 今回の考察はMEから少し離れてPTプレイ編をお送りしていと思います。舞台はシュバルツバルド共和国の最北端に位置するタナトスタワー。全13層に及ぶ高層ダンジョンとなっており、上層には天使種族の強力な敵が待ち構えています。拳聖の"温もり"を攻撃手段とし、前衛が多くの敵をベースまで釣ってきた後に"温もり"で殲滅していきます。私達支援の一番の役割は前衛・ベースを守ることです。強力な敵を数十体抱えて ベースに戻ってきた前衛を、幾重にも重ねた防護壁(キリエエレイソン)で保護することや、サンクチュアリを常にベースへ展開しておき SP生成のために体力を削り疲弊したソーサラーの回復に努めます。もっとやることはいろいろありますが、後に説明していくとしましょう。さて、ほんと今更ですが棚温支援考察スタートです(ノ´∀`*)


◇ 必須スキル

☆ キリエレイソン Lv10
 ベースに到着した前衛を保護するための最も重要なスキル。これがないとPTに参加することは出来ません。幾重にも重ねてキリエエレイソンをかけ 魔法効果を連続で更新することにより 前衛への被ダメを軽減します。更新速度(キリエを前衛に連続でかける速さ)が遅いと前衛がダメージを受けて死んでしまいます。ベースに到着した前衛が死んでしまった場合、支援の責任だと思って下さい。 キリエが薄くて前衛が死ぬと精神的に結構キツいです。前衛に頼りにされる支援を目指しましょう。キリエをかけ始めるタイミングでよく言われているのが、「壁際に寄ってからかキリエを連打する」というものです。これはキリエをかけた後に起こるストップモーションが前衛の動きを妨げるからなのですが 厳守する必要はまったくありません。話が少し逸れますが、私達支援のキリエ詠唱可能範囲とは即ち、彼ら前衛にとっての安全領域だと言えます。 キリエ連打を舐めてはいけません。詠唱速度・ディレイカット装備を揃えて、連続で放つキリエは強力無比です。敵に囲まれて窮地に陥った前衛の状況を、一気に安全サイドにひっくり返せる力があります。最悪 キリエ連打をしてその場に前衛を縛り付けてしまい、拳聖が殲滅するのを待つのも手です。前衛の状況を見てキリエの更新頻度をうまく調整して守りましょう。

◆ キリエエレイソンの詠唱可能範囲 この範囲が前衛の保護区域となります。
  ここまで来た前衛を死なせるわけにはいかない。支援の腕の見せ所です。

kirie_area.jpg

【中級者の方へ】
 さて、上の画像をご覧ください。思った以上に詠唱可能範囲が広いことにお気づきいただけたでしょうか?当たり前ですが下へ移動すればするほど詠唱範囲が広がります。 サッカー選手の川口能活選手をご存知でしょうか? 才あるゴールキーパーとして名を馳せた彼の持ち味は「積極的な飛び出し」にありました。実はこの「積極的な飛び出し」のやり方は支援テクニックの1つに少し似ています。たまに、かなりの数を抱えてしまった前衛が敵に捕捉されてしまいギリギリの状態でベースへ向かってくることがあります。釣りに不慣れな人だった場合や、2h目で集中力がきれてきた人がこの状態に陥ります。状況をよく見て「積極的な飛び出し」をして下さい。キリエを1発でもかけられれば窮地を脱することができます。あとはキリエで壁際まで導いて上げてください。コンセキャンセルならぬ、キリエキャンセル状態でうまく壁際まで移動できるはずです。(たぶん釣り初心者には一番喜ばれるテクニックです)

◆ 最近の棚10FPTでの会話。前衛(釣)から「助かりました」の一言。このために支援やってます(*´∀`)b

thx.jpg


☆ サンクチュアリ Lv7
 サンクチュアリは常に展開しておく必要があります。一番の目的はソーサラーの回復ですが、その他のPTメンバーや飛び回る拳聖の減ったHP回復にと とても役立ちます。サンクを引いておけばメンバーの回復に頭を切替える頻度がかなり減るため支援自信の精神にも優しい。たまにサンクの回復量がすごく高い人を見かけたりします。彼らはサンクの回復量を上げた代償に詠唱速度・ディレイカット装備を外すため、キリエ更新スピードが若干遅いかもしれません。ならばいっそのこと彼らにサンクを任せてしまいましょう。サンクの状態を気にかける必要性がほぼ無くなるので精神的に楽になります。それにサンクの回復量が高いのでソーサラーが喜びます。1k超えサンクは見ていても気持ちいいものです。互いの長所を認め合って支援するのも楽しみの1つだと思います。 ただサンクばかりしてキリエ更新しない支援はダメです。前に前衛にキリエ3~4回適当にかけて、ベースにサンクを4枚満遍なく展開していたABがいましたが、ちょっと頭にきました(笑

◆ サンクチュアリの置き場所について。(赤い箇所を狙ってサンクを展開する。)
  ぶっちゃけ少しぐらいズレても大丈夫です。

sunc_area2.jpg


☆ 各種全体支援(クレメンティア・カントキャンディダス・プラエファティオ・コルセオヒール)
 これがないって人をアークビショップとは言わせません。効果時間や状況に合わせて早めに更新しておくといいでしょう。コルセオヒールに関しては使い過ぎるとSPがなくなる可能性があるので注意。サンクチュアリの回復量じゃ追いつかない局面で使用していきましょう。遠くにいる前衛へ回復手段としても重宝されます。

☆ リザレクション Lv4
 リザレクションはLv4が一番良いです。拳聖を誰よりも早く起こせる支援になりましょう。昔 友人が「拳聖へのリザレクションが遅い!」と憧れていた女性の方に言われてしまい、とても凹んでいた時期がありました。その甲斐あって彼は、誰よりもリザレクションが早くなった というエピソードがあります。しかし拳聖のHPを見過ぎるあまりその他の支援が疎かに。結局始終文句を言われ続けていました…。バランスよく支援しましょう(´・ω・`)

☆ アスムプティオ Lv5
 ほとんどの前衛がキリエを好む傾向にありますが、"点穴・活"を常用している修羅にとってはアスムのが優位性のある場合があるそうです。活とアスムを組み合わせると被ダメが激減するのだとか。キリエかアスムかは事前に打ち合わせしましょう。だた、アスムを毎回出発時に更新するのは骨が折れます。無理なときはキリエで誤魔化しましょう。アスムが欲しい修羅とキリエが欲しい修羅がいた同時にいた場合、瞬発的に見分けてスキルを使い分けるのはとても動体視力を必要とします。眼精疲労や肩こりの原因となるためキリエに統一させてもらいましょう。

☆ セイフティーウォール Lv10
 正直に言うと無くても全然平気です。でもあるととても便利なスキル。敵に囲まれて自分のHPは減るわ前衛がベースに帰還してきてキリエをかけないといけないわで、混沌とした状況になった場合に使うといいでしょう。少しの間時間稼ぎができます。他のABにもかけてあげると好感度が上がるかもしれません。
 被ダメ量が多い順は、前衛→拳聖→支援ABの順です。ABは他の後衛職を守るためにベースの一番外側に立ったほうがいいと思います。みんなを守るためにも、防護手段は多いに越したことはありませんよね?

☆ クリアランス Lv1
 ルーンナイトのバーサーク状態を解除するために使用します。同PTに所属しているメンバーにしかかけられないので、外前衛だった場合には注意してください。そういうときは、ソーサラーのディスペルに頼りましょう。クリアランスは所持していないABが案外いるので、事前の打ち合わせが大事です。ルーンナイト側もバーサーク後の残HP次第では再度釣りに行く事もあるため、これもまた打ち合わせの必要があります。

☆ シレンティウム Lv1~5
 邪魔なプラズマを黙らせます。9Fでは必須ではありません。10Fだと青プラズマがフロストダイバーを放ってくるため氷化する場合があります。拳聖の殲滅状況を見てシレンで沈黙状態にするのが得策です。拳聖が凍らされたときのためにリカバリーを常に打てると良いでしょう。

☆ エピクレシス Lv3 or 5
 コルセオヒールを使いすぎてSPが枯渇しそうになった場合に使います。ME型でメディタ未習得の人はSP管理に気をつけて下さい。支援時のSP枯渇の原因のほとんどはコルセオヒールの使用頻度が原因とされています。エピクレシスも未習得の方はコルセオヒールの使用を抑えましょう。SP回復を補う装備を持っていくのもアリです。

◆ うさ耳ニット帽 + ブルーオシドスc (SP自然回復量+25%)

usamimi.jpg


◇ アンシラの裏ワザ?

[Skill] アンシラ SP30%と青石1個を消費してアンシラを生成する。
[Item] アンシラ 使用すると15%のSPを回復する。

 アンシラの裏ワザというか仕様の盲点をついていると言いましょうか、ちょっとしたSP超回復ワザをご紹介しましょう。ダンサーのスキルである「サービスフォーユー」は消費SPを50%以上カットする効果があるのですが…、さてお気づきの方はその通りです。アンシラ作成時の消費SPが半減されるため15%以下のSPでアンシラを作ることができるのです。サービスフォーユーの上で「アンシラ作成」と「アンシラ消費」を繰り返すことでABのSPはモリモリ回復するのです。ただ青石を消費することを忘れないで下さい。狩り中に青石が無くなると恥ずかしいです。


◇ 装備の考え方

◆ はじめに
 ROにはたくさん装備があります。いろんな組み合わせが存在するので一概には最良の組み合わせとは言えません。迷ったらとりあえず特化よりも汎用性のある装備を集めてから、徐々に特化した装備を揃えていくといいのかもしれません。今回のPTでは必ずブラギがあるので、「ブラギがある前提での装備」を考えていきます。

◆ ブラギの仕様について
 ブラギの特性を活かすのならば、ブラギの仕様を知っておくのが大事です。ブラギは奏者のDEX・INTにより効果が増加し、その詠唱・ディレイカット率は、パーティーメンバーの装備・カード効果に付加されている詠唱・ディレイカット効果に加算されます。

□ ブラギ奏者のINTとディレイカット率

INT:80 ディレイカット率:86%
INT:90 ディレイカット率:88%
INT:100 ディレイカット率:90%

□ ブラギ奏者のDEXと詠唱時間カット率

DEX:80 詠唱時間カット率:48%
DEX:90 詠唱時間カット率:49%
DEX:100 詠唱時間カット率:50%

 だいたいのブラギ奏者はDEX100・INT100調整してありますので、ディレイカット90%・詠唱時間50%カットと考えていいでしょう。不安な人は事前にステータス確認して下さい。先程も書きましたが、この効果が加算されますので それに合わせて装備を選んで下さい。

◆ 装備の選び方について

tana_equip.jpg

[武器] +9茨の杖 ディレイ -13%
[頭装備] マジックアイズ 詠唱速度 +10%
[服装備] ディアボロスローブ ディレイ -10%
[アクセサリー①] スプリントリング 詠唱速度 +10% ディレイ +5%
[アクセサリー②] スプリントリング 詠唱速度 +10% ディレイ +5%

[合計値] 詠唱速度 +30% ディレイ-13%

 まずディレイカットから考えていきます。ブラギ効果で90%加算されるので装備によるディレイカットを-10%に調整します。私の装備でいうと 茨の杖[-13%] スプリントリング[+10%] ディアボロスローブ[-10%]なので、トータル-13%のディレイカット率になります。 これでブラギ[-90%]+装備[-13%]になるので合計[-103%]となり、ディレイ完全カットになります。
 次に詠唱時間を考えてみましょう。マジックアイズ[-10%] スプリントリング*2[-20%]で合計-30%の詠唱時間短縮になります。ブラギ[-50%]+装備[-30%]なので合計[80%]の詠唱時間短縮になります。

[ブラギ+装備 合計値] 詠唱速度 +80% ディレイ-103%

◆ モーションディレイについて
 スキルには3つの遅延(ディレイ)が存在します。
①詠唱時間
②ディレイ
③モーションディレイ
上記2つは有名なのでほとんどの方は知っていると思いますが、モーションディレイを知らない人は案外いたりします。何故かというと通常の狩りでは気にしないからです。今回の狩りではキリエエレイソンを連打するのでモーションディレイを考えなくてはなりません。モーションディレイはASPDで決まります。ASPDって殴るスピードが上がるステータスじゃないの!?って思いがちですよね。つまるところ 通常攻撃とは、詠唱・ディレイ無しのスキル攻撃と言えます。だからASPDを上げると通常攻撃のスピードが上がるって考えると分かりやすいです。

【スキル】:[詠唱時間]---[ダメージ発生]---[ディレイタイム+モーションディレイ]
【通常攻撃】:[ダメージ発生]---[モーションディレイ]

 ブラギの無い通常の狩りだと、必ずディレイタイムが発生するため、ディレイタイムの影にモーションディレイが隠れてしまいます。しかしディレイタイムが完全カットされてしまうと、影からひょっこりモーションディレイが顔を出してディレイタイムの代わりに遅延を発生させるのです。

time01.jpg


□ ASPD と モーションディレイ

ASPD:150 モーションディレイ:1000ms
ASPD:155 モーションディレイ: 900ms
ASPD:160 モーションディレイ: 800ms
ASPD:165 モーションディレイ: 700ms
ASPD:170 モーションディレイ: 600ms
ASPD:175 モーションディレイ: 500ms
ASPD:180 モーションディレイ: 400ms
ASPD:185 モーションディレイ: 300ms
ASPD:190 モーションディレイ: 200ms

☆ よく、ASPD190のキャラクターは秒間5回攻撃できるといいますが、それは【200ms*5=1000ms】だからです。

 さて、上の表を見ると軽く絶望します。いくら完全ディレイカットが達成できてもキリエ連打はASPDを上げないと速くならないのです。キリエ連打に特化したステータスは高AGI型というのが分かると思います。ASPD175のキャラの連打速度は、ASPD150のキャラの2倍。
 ちなみにディレイカット90%の状態(装備でのディレイカット率0%)の場合、キリエのディレイは200msです。このディレイを上回るモーションディレイに持っていくためにはAspd190必要です。うーん説明し辛いですが、キリエ連打だけで装備を考えてしまうと完全ディレイカットはいらないです。Aspd190以上ある人は完全ディレイカットの恩恵があるといえます。ここまでいろいろ考えてきましたが、下手なディレイカットよりも無詠唱を目指しましょう。これが完全解です。

◆まとめ
・ディレイカット0%~-10%になるように装備で調整する。
・詠唱時間短縮も大事。装備で調整しましょう。理想は30%以上。無詠唱を目指そう。
・キリエ連打を少しでも早めるためにAGIは少しでも上げておく。スピードポーションは使うこと。
・盾を外すとASPDがかなり上がります。


 
◇ 狩りの方法と支援テクニック

tana_map09_02.jpg

◆ 青い区域
 前衛(釣)の滑走路です。近づいたら前衛の邪魔になるのと 大量の敵に踏み倒されますので立ち位置には注意してください。前衛はベースに向かって斜めに進入していって、最後は直角に進み壁に張り付きます。私達支援は 前衛は視認できたところで支援魔法で補助します。

★---壁際に近づいてくる前衛への支援パターン---★

① 前衛が敵に捕まっておらず スムーズにベースに到着したときは何もしないで壁に張り付くのを待ってからキリエを連打。拳聖による殲滅が終わるまで前衛を守りつつ、殲滅後に基本支援をかけましょう。
② 前衛が敵に捕縛されて身動きがとりずらそうにしていたら、キリエや速度増加を少しかけて 壁際に張り付くのをサポートします。
③ ベース位置のかなり手前の位置で前衛がタコ殴りにされていて かなりピンチな状態の場合は、支援もベースから離れてキリエ連打で保護します。拳聖がこちらの事態に気づいて殲滅してくれるまで凌いで下さい。

大体この3パターンです。

◆ 緑色の区域
 ベースです。サポート職が固まっている場所なのでPTの要となるポイントです。できるならば支援は一番端に立ってベースへ敵が流れるのを防ぎます。

def.jpg

 敵の数が増えてきたらセイフティーウォールやキリエで守り合うことが大事です。プラズマが邪魔に感じたらシレンティウムで沈黙させるのも手です。スキル攻撃が痛いわけではありませんが、沈黙エフェクトで拳聖が気づいてくれるかもしれません。ベースには常にサンクチュアリを展開しておきます。そうすることでサポート職の回復の手間が省けます。HPが減ったSP置換後のソーサラーも回復できます。


◆ 今回のまとめ

 とりあえず長々と書きましたが「一見は百間に如かず」ということわざがあるように、一回行ってみるのが良いと思います。要領の良い人ならすぐ慣れるはずです。「いろいろ大変で混乱しちゃった!」って人はプレイヤースキルを更に鍛えるいい機会だと思って、どんどん参加していきましょう。別の支援の人から○○さん支援上手ですね!なんて言われたら嬉しいもんです(笑 どんどん支援同士で高めあっていきましょう(ノ´∀`*)
 そういえば 詠唱・ディレイ・モーションディレイの話を上で散々しました。これらをキッチリ考えて装備を整えれば支援スキルをマシンガンのように放つ強力な支援ABとしてベースに君臨することができます。しかし一番大事なことはショートカットをバトルモードにして、尚且つ重要スキルのショトカを素早く押せることだと私は思います。スキルの出が速い支援を目指して頑張っていきしょう(*´∀`)b


以上、第一教区からお送りしました! また追記してるかもしれません(笑
 
タナトスタワー9階 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

ROサイトマスコット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。